野生の文法(グラマー)―ソロー、ミューア、スナイダー

個数:
  • ポイントキャンペーン

野生の文法(グラマー)―ソロー、ミューア、スナイダー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月28日 05時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 213p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798503189
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C3098

出版社内容情報

「野生のなかにこそ世界を保存する力がある」



ソローの野生論「ウォーキング」のもっとも知られた一節である。ソローの野生論は、野生という概念を中心として文化の活力と健全性、そして人間の全き成長について論じたものであった。従来、自然詩人、シンプルライフの実践家とみなされたソローを「野生」という鍵概念に注目して読み直し、さらに環境活動家ジョン・ミューア、現代詩人ゲーリー・スナイダーに与えた影響を考察する。



「わたくしが関心を抱くのは、思想(グラマー)としての「野生」の問題であり、その系譜学である。別の言い方をすれば、ソローは「野生」という概念のなかになにを見出し、どのような意味を読みこもうとしたのか。その思想の発端は何であったのか。またそれを生きた哲学としてどのように統合しようとしたのか。本書が追求するのは、そうした問いへの回答である」(本書「はしがき」より)

内容説明

なぜ現代に野生が必要なのか。『森の生活』の隠遁者ヘンリー・ソローが追究した「野生」の思想とは何か。アメリカ文学における野生の想像力の水脈をたどり、環境活動家ジョン・ミューア、現代詩人ゲーリー・スナイダーに与えた影響を考察する。第12回九州大学出版会・学術図書刊行助成対象作。

目次

第1章 野生の系譜学
第2章 野生児の帝国―「ウォーキング」再読
第3章 背後の自然―『ウォールデン』
第4章 詩人としての先住民―『コンコード川とメリマック川の一週間』
第5章 神話の森へ―『メインの森』
第6章 牧神の死
第7章 ウィルダネスという聖地―ジョン・ミューア
第8章 熊と結婚した女―ゲーリー・スナイダー
最終章 野生の文化論―「インディアン・ノートブックス」

著者等紹介

高橋勤[タカハシツトム]
1958年福岡県生まれ。ペンシルヴァニア州立大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。九州大学大学院言語文化研究院教授。アメリカ文学、環境文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

2
野生の系譜学: 「ウォーキング」の成立過程 思想の水脈 影響の不安 野生論の意義 野生児の帝国 ─「ウォーキング」再読: アメリカ文化論 文学における野生 背後の自然 ─『ウォールデン』: <背後の自然>とはなにか 野生願望 セルフ・カルチャーの再定義 詩人としての先住民 ─『コンコード川とメリマック川の一週間』 神話の森へ ─『メインの森』 牧神の死 熊と結婚した女─ゲーリー・スナイダー 野生の文化論 ─「インディアン・ノートブックス」2021/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18657330

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。