日本における地政学の受容と展開

個数:

日本における地政学の受容と展開

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年10月26日 05時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 329p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798502809
  • NDC分類 312.9
  • Cコード C3025

内容説明

地政学は国家と領土に関する分野として20世紀初頭にスウェーデンで成立し、1920年代にドイツから日本に導入された。日本では戦時体制下で時局迎合的な運動として展開し、敗戦後は侵略戦争を支えた悪しきイデオロギーとしてタブー視されたため、これまであまり研究が進められてこなかった。本書は、欧米における研究動向をふまえつつ、地政学の起源から日本での受容、戦時中の地政学ブーム、戦後の反省と地政学批判、1980年代以降の新たな展開等、地政学の変遷を、当時の国家体制、経済・社会情勢と関連づけて考察する。

目次

序章
第1章 地政学の成立と展開(地政学の成立とその背景;戦間期ドイツにおける地政学の展開;英米系地政学の特徴)
第2章 日本における地政学の受容(一九二〇年代の地理学における地政学の受容;政治学・法学における地政学の受容;その後の地政学の展開と地政学批判)
第3章 戦時期における地政学の展開(地政学興隆の背景;戦時下日本における国土計画と地政学;日本地政学協会と機関誌『地政学』―地理教師による下からの地政学運動;「ジャーナリズムの寵児」となった地政学)
第4章 戦後における地政学の停滞と地政学批判(敗戦直後の「反省」と地政学批判;日本政治地理学会の設立と政治地理学(地政学)の一時的復活
高度経済成長期における地政学批判
地政学批判の本格的開始
地政学ブームの到来と地政学批判)
第5章 地政学の新たな展開と日本の例外主義(英米における地政学の復活;欧米における批判地政学の展開;欧米地政学の最近の展開と日本における例外主義)
終章

著者等紹介

高木彰彦[タカギアキヒコ]
1954年、岐阜県多治見市生まれ。名古屋大学文学部史学科地理学専攻卒業後、大学院に進み、期間満了退学。その後、名古屋大学文学部助手、茨城大学教養部助教授、人文学部助教授・教授を経て、九州大学大学院人文科学研究院教授。博士(学術)。専門は人文地理学、政治地理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。