生と死をめぐるディスクール

個数:
  • ポイントキャンペーン

生と死をめぐるディスクール

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2020年10月27日 13時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798502748
  • NDC分類 114.2
  • Cコード C1012

内容説明

いま、生と死に向き合う。生きる意味とは何か。人はなぜ死ぬのか。古今東西の死生観と生命倫理の現場から、生と死という普遍的問題を考える。

目次

第1部 生と死―倫理学と宗教学はどう見ているのか(生と死をめぐる倫理―気づかいを手がかりに;死と宗教はどのような関係にあるのか?)
第2部 生命倫理の諸相―「現場」からの視点(生命中心主義者の行政医師活動報告;日本人のスピリチュアリティ―生と死をめぐる日本的ケアの源流;生と死の現場に立ち現れる和解と赦し―犯罪、ルワンダ、水俣、終末期ケア、認知症をめぐって)
第3部 古今東西の死生観―文学テクストから探る(明治期日本の生と死をめぐる言説―ラフカディオ・ハーンと夏目漱石;中国古典小説にみる幽霊と冥界;死の病と救済の物語―ハルトマンの『哀れなハインリヒ』を例にして;一六世紀プロテスタント詩人にとっての生と死)

著者等紹介

荻野蔵平[オギノクラヘイ]
熊本大学大学院人文社会科学研究部教授

バウアー,トビアス[バウアー,トビアス] [Bauer,Tobias]
熊本大学大学院人文社会科学研究部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。