九州大学人文学叢書<br> 12‐13世紀におけるポンティウ伯の中規模領邦統治

個数:

九州大学人文学叢書
12‐13世紀におけるポンティウ伯の中規模領邦統治

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年10月26日 05時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 242p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798502557
  • NDC分類 235.04
  • Cコード C3322

内容説明

従来、中世盛期フランスは中央集権化による王権の成長期として語られてきたが、地方では王権とは異なる様々な地域権力が活発に活動していた。本書は12‐13世紀の北フランス・ピカルディ地方に位置した一地域権力であるポンティウ伯領について、一次史料である『ポンティウ伯文書集』を用い、伯の側近構成・文書行政・財産と運営・裁判権・都市自治体との関係という5つの側面から考察する。この検討を通じて、ポンティウ伯が大領邦君主や王権のような領域的統治を志向していたことを明らかにする。

目次

序章 中世フランスの国家と社会―中規模領邦をめぐって
第1章 ポンティウ伯文書と文書局―伯の文書行政
第2章 ポンティウ伯の統治と側近たち
第3章 ポンティウ伯権力と所有―ポンティウ伯のdominium
第4章 ポンティウ伯の上級裁判権
第5章 ポンティウ伯とコミューン
結論

著者等紹介

大浜聖香子[オオハマミカコ]
1983年沖縄県沖縄市生まれ。2006年熊本大学文学部歴史学科卒業。2016年九州大学大学院人文科学府歴史空間論専攻博士後期課程単位修得後退学。2017年博士(文学)取得。現在、九州大学人文科学研究院西洋史講座助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。