文化の枢軸―戦前日本の文化外交とナチ・ドイツ

個数:

文化の枢軸―戦前日本の文化外交とナチ・ドイツ

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2021年08月01日 16時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 253p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798502403
  • NDC分類 319.103
  • Cコード C3030

内容説明

国際情勢がますます緊迫化していく1938年11月、日本とナチ・ドイツは文化協定を締結し、両国は文化・学術面においても連携を強めたように見えた。しかしこの協定は「ユダヤ人問題」に象徴されるナチ人種主義に起因する両国の文化摩擦を顕在化させるものでもあった。協定の成立をめぐる政治過程と、敗戦に至るまでの両国の「文化協力」の実態を描く。

目次

序章 問題の所在と先行研究
第1章 日本外務省の文化協定政策―一九三〇年代後半における
第2章 日独文化協定の成立―一九三八年までの状況
第3章 外務省文化事業部の対独文化事業政策方針一九三八‐四〇年―日独文化協定の執行過程(1)
第4章 日独文化連絡協議会における学術交換をめぐる論議一九三九‐四二年―日独文化協定の執行過程(2)
第5章 「日独共同戦争」下の「精神的共同作戦」一九四三‐四四年―日独文化協定の執行過程(3)
終章 砂の上の同盟

著者等紹介

清水雅大[シミズマサヒロ]
1983年福岡県生まれ。2014年横浜市立大学大学院国際総合科学研究科博士後期課程修了、博士(学術)。現在、日本学術振興会特別研究員(PD)、九州大学大学院法学研究院専門研究員。専門、国際関係史、日独関係史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件