ピア・パワー―子どもの仲間集団の社会学

個数:

ピア・パワー―子どもの仲間集団の社会学

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年08月03日 07時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 434p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798502038
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C3037

内容説明

子どもは仲間集団を通して青年へと成長していく。友情と忠誠心、仲間からの人気とグループ内の序列付け、リーダーの支配と取り巻きの追従、集団内の闘争、いじめられたり仲間はずれにされたりした子どもの悲哀、互いに反発し距離を取りながらも、やがては魅かれゆく少年と少女…。戸惑い揺れ動きながらも成長を遂げていく子どもたちの社会的世界を8年間に及ぶ参与観察により解明する。子ども観の変容を迫る画期的労作。

目次

第1章 研究者としての親
第2章 人気
第3章 クリーク“仲間集団”のダイナミックス
第4章 クリーク“仲間集団”の階層化
第5章 放課後の活動
第6章 友人関係(1)―「親密な」関係と「軽い」関係
第7章 友人関係(2)―限定された関係
第8章 異性関係(1)―初期と中期
第9章 異性関係(2)―後期
第10章 全体のまとめ

著者等紹介

住田正樹[スミダマサキ]
慶應義塾大学文学部卒業(社会学専攻)、東京大学大学院教育学研究科博士課程退学(教育社会学専攻)、九州大学名誉教授・放送大学名誉教授、教育学博士。専攻:教育社会学、発達社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。