ダイオキシンと「内・外」環境―その被曝史と科学史

個数:

ダイオキシンと「内・外」環境―その被曝史と科学史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年06月21日 02時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 246p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798501642
  • NDC分類 519
  • Cコード C3047

内容説明

枯葉作戦、カネミ油症など人類が経験してきたダイオキシン汚染の歴史を振り返り、ダイオキシン受容体研究に基づく知見から解説。「3.11」以降あらわになった市民と科学者の隔絶についても、「大学・科学者」と「国・企業」の関係の変容により生じたものであるとして警鐘を鳴らす。

目次

第1部 ダイオキシン被曝の社会史(ベトナム「枯葉作戦」;「カネミ油症」食品公害事件;「セベソ」農薬工場爆発事故;『沈黙の春』から『奪われし未来』へ)
第2部 ダイオキシン受容体研究の科学史(AhR研究の前史;AhRは「内・外」環境を繋ぐ;AhRによる遺伝子転写調節;AhRの本来的な生物機能と毒性発現;考察「科学者・専門家」と「市民」)

著者等紹介

川尻要[カワジリカナメ]
昭和41年3月千葉県立佐原高等学校卒。昭和45年3月東北大学理学部生物学科卒。昭和48年3月九州大学大学院理学研究科修士課程修了。昭和52年7月九州大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)。昭和52年8月~平成5年3月埼玉県立がんセンター研究所生化学部(昭和60年10月~昭和61年9月アメリカNIEHS,NIH留学)。平成5年4月~平成10年3月埼玉県立がんセンター研究所生化学部長。平成10年4月~平成20年3月埼玉県立がんセンター臨床腫瘍研究所主席主幹、退職。平成20年4月~平成24年3月埼玉県立がんセンター臨床腫瘍研究所専門員。現在同研究所客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。