情報銀行ビジネス参入ガイド―利活用ビジネスから事業参入まで

個数:
電子版価格 ¥2,420
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

情報銀行ビジネス参入ガイド―利活用ビジネスから事業参入まで

  • 森田 弘昭【著】
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 翔泳社(2020/06発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 110pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年08月15日 20時41分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 264p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798164175
  • NDC分類 336.17
  • Cコード C2034

内容説明

情報銀行は、預かった個人情報を本人に代わって企業など第三者に提供する事業です。利用者は、個人情報の利用を許諾しデータを提供することにより、ポイントやサービス提供などの便益を受け取れます。欧米の基本理念を取り入れつつ、企業が個人情報を利活用しやすいように配慮して枠組みが作られた、日本独自のビジネスモデルです。本書はこれから情報銀行を利活用したビジネスや情報銀行への事業参入を考えている企業の担当者に向けて、パーソナルデータ活用や情報銀行が求められている背景、参入に必要な知識(情報銀行認定制度、利用されているテクノロジーや法令等)、事例などについて、各業界・分野別ごとに図解で解説した書籍です。

目次

1 情報銀行の市場(情報銀行ビジネスの基本知識;情報銀行が求められている背景;2020年以降成長が期待される情報銀行ビジネス;情報銀行として市場参入する手順;情報銀行を支えるテクノロジー)
2 事業者紹介(情報銀行企業マップ)
3 業界・分野別・情報銀行活用手法(情報銀行が活躍する「業界・分野」;情報銀行の参入が先行する業界・分野;情報銀行の活用機会が多い業界・分野)

著者等紹介

森田弘昭[モリタヒロアキ]
株式会社マイデータ・インテリジェンス取締役執行役員COO。広告代理店の営業を経て、1998年株式会社電通テック入社。銀行、クレジットカード会社、不動産会社、大手流通チェーンを中心に、顧客企業のオウンドメディア、SNS、デジタルプロモーション、CRM等のデジタルマーケティング戦略・実装に携わり、数多くのプロジェクトをプロデュース。デジタルマーケティングセンター長、ID事業室長を歴任。2018年9月より現職。生活者と企業をつなぐ新たなエコシステム構築から、安心安全なパーソナルデータ流通の社会を目指し、生活者向けの「情報銀行サービス」、企業向けの「情報信託プラットフォーム」、「同意許諾管理プラットフォーム」の立ち上げを行う。総務省、経済産業省「情報信託機能の認定スキームに関する検討会」委員、「情報信託機能普及協議会」理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

情報銀行は2020年から本格的にはじまる!

業界・業種別!

情報銀行を利活用したビジネスや

情報銀行への事業参入手法がわかる!



【情報銀行とは】

情報銀行は、預かった個人情報を本人に代わって企業など第三者に提供する事業です。

利用者は、個人情報の利用を許諾しデータを提供することにより、ポイントやサービス提供などの便益を受け取れます。

欧米の基本理念を取り入れつつ、企業が個人情報を利活用しやすいように配慮して枠組みが作られた、日本独自のビジネスモデルです。



【本書の概要】

本書はこれから情報銀行を利活用したビジネスや情報銀行への事業参入を考えている方に向けて、

パーソナルデータ活用や情報銀行が求められている背景、

参入に必要な知識(情報銀行認定制度、利用されているテクノロジーや法令等)、

事例などについて、

各分野ごとに図解で解説した書籍です。



【本書の対象読者】

情報銀行のビジネスでの利活用もしくは事業参入を考えている企業のプロジェクトマネージャーや経営層



【参入が先行する5つの業界・分野】

・観光・エンターテインメント

・ヘルスケア

・金融

・人材サービス

・地域支援



【活用機会が多い7つの業界・分野】

・医療サービス関連

・流通関係

・食品

・マーケティング

・日用品

・化粧品

・交通インフラ



【著者プロフィール】

森田 弘昭

株式会社マイデータ・インテリジェンス取締役執行役員COO。

広告代理店の営業を経て、1998年株式会社電通テック入社。

銀行、クレジットカード会社、不動産会社、大手流通チェーンを中心にオウンドメディア、SNS、

デジタルプロモーションCRM等のデジタルマーケティングの戦略・実装で数多くのプロジェクトを

プロデュース。デジタルマーケティングセンター長、ID事業室長を歴任。

2018年9月より現職。総務省、経済産業省「情報信託機能の認定スキームに関する検討会」委員、

「情報信託機能普及協議会」理事。