どうする?デザイン―クライアントとのやりとりでよくわかる!デザインの決め方、伝え方

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

どうする?デザイン―クライアントとのやりとりでよくわかる!デザインの決め方、伝え方

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年06月17日 07時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798161013
  • NDC分類 674.3
  • Cコード C2070

出版社内容情報

「あれ、違ってた?」とならないために



「おしゃれに」「可愛く」「かっこよく」「シンプルに」など、

デザインのクライアントからよく要望される言葉ですが、

これらは漠然としていて、

受け止め方は人によってさまざまです。

あとからズレに気付いて、

「あれ、違ってた」ということもよくあります。




本書は、そんなトラブルにそなえて、

クライアントとどんな言葉のやり取りをすれば、

的確に、効率的にデザインを決めていくことができるかを、

架空の事例をもとに解説します。




ヒアリングから、ラフ、提案、修正、校了まで、

クライアントとデザイナーの会話をベースに、

実戦形式で解説していくので、

コミュニケーションでつまづくことが多い方にも

わかりやすく理解できます。




本書を活用すれば、

デザイナーは「やり直し」がなくなるだけでなく、

さまざまな要望に的確に応えられるようになるはずです。




<デザインの打ち合わせ5カ条>

(1)お役に立ちたいと全神経を集中すべし

(2)クライアントの先にいる顧客を想像すべし

(3)クライアントさえ気付いていない要望を汲み取るべし

(4)恐れず提案、ブレストすべし

(5)誰に何を届けたいのかをクライアントと共有しておくべし




<CONTENS>

CHAPTER 01 ポスター

CHAPTER 02 名刺

CHAPTER 03 ショップカード

CHAPTER 04 フライヤー

CHAPTER 05 ロゴ

CHAPTER 06 パンフレット

CHAPTER 07 パッケージ

内容説明

あれ、違ってた?とならないために。クライアントとのやりとりでよくわかる!デザインの決め方、伝え方。

目次

01 ポスター
02 名刺
03 ショップカード
04 フライヤー
05 ロゴ
06 パンフレット
07 パッケージ