ドローンビジネス参入ガイド

個数:
電子版価格 ¥2,138
  • 電書あり

ドローンビジネス参入ガイド

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 303p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798151984
  • NDC分類 538.6
  • Cコード C2034

内容説明

本書は、ドローンを利用したビジネスを考えている方に向けて、各分野におけるドローン活用の実態、市場参入に必要となる様々な知識、ドローン関連機材を含めたコストの考え方、法令関連の知識について解説します。ビジネス用途のドローンのカタログ情報や、基礎知識も網羅しています。また各分野で著名な企業や自治体の方へのインタビューも掲載。実際の活用事例を確認できます。さらにドローンによるプロジェクトを立ち上げる時に役立つ企画書テンプレートをダウンロードできます。

目次

1 ドローンで切り開かれる新しい市場(拡大するドローンビジネスの世界;ドローンビジネスの始め方)
2 分野別ビジネス参入手法(映像分野;土木・測量分野;農業分野;インフラメンテナンス分野;警備分野 ほか)
3 ドローン製品と基礎知識(ドローンカタログ;ドローンの飛行に必要な基礎知識;ドローンに関連する各種法令と飛行許可申請書の書き方)
Appendix ドローンの種類と仕組み

著者紹介

関口大介[セキグチダイスケ]
工業高校でプログラミングを学んだ後、東京造形大学に入学しメディアアートを学ぶ。その後、複数の企業を経て経営コンサルタントへ。年間数十社の企業に関わり、戦略立案やマーケティング調査等を行う。また、全国各地で創業や経営者育成に関する研修の講師として登壇している。2016年より『DRONE MEDIA』の理念に賛同し運営に携わる。中小企業診断士

岩崎覚史[イワサキサトシ]
慶應義塾大学で哲学、東京造形大学でデザインマネジメントを学ぶ。2015年2月に日本初のドローン専門メディア『DRONE MEDIA』を立ち上げ、編集長に就任。国内外のドローン関連情報の発信を行うと同時に、空撮、コンサルティング、イベントプロデュースなども手掛ける。規模としては日本最大級のドローン交流会「DRONE MEETUP」を主催。Best of Japan Drone Award審査員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

まったなし!ドローンビジネスに参入せよ!



【本書の概要】

現在、映像、土木・測量、農業、インフラメンテナンス、警備、物流、災害対策などの

分野でドローンの利用が活発になってきています。

実証段階からビジネス利用への移行期であり、多くの企業がこの分野に参入しつつあります。


本書は、ドローンを利用したビジネスを考えている方に向けて、

各分野におけるドローン活用の実態、市場参入に必要となる様々な知識、

ドローン関連機材を含めたコストの考え方、法令関連の知識について解説します。

ビジネス用途のドローンのカタログ情報や、基礎知識も網羅しています。

また各分野で著名な企業や自治体の方へのインタビューも掲載。実際の活用事例を確認できます。

さらにドローンによるプロジェクトを立ち上げる時に役立つ企画書テンプレートをダウンロードできます。


これからドローン市場に参入したいビジネスマンの方、必携の1冊です。



【対象読者】

・ドローンを使ったビジネスを考えている企業および担当者

・ドローンを使ったビジネスで起業を考えている方

・映像、土木・測量、農業、インフラメンテナンス、警備、物流、災害対策の分野において

 ドローン活用のコンサルティングを行っている方



【著者】

関口大介(せきぐち・たいすけ)

工業高校でプログラミングを学んだ後、東京造形大学に入学しメディアアートを学ぶ。

その後、複数の企業を経て経営コンサルタントへ。年間数十社の企業に関わり、戦略立案やマーケティング

調査等を行う。また、全国各地で創業や経営者育成に関する研修の講師として登壇している。

2016年より『DRONE MEDIA』の理念に賛同し運営に携わる。中小企業診断士。



岩崎覚史(いわさき・さとし)

慶應義塾大学で哲学、東京造形大学でデザインマネジメントを学ぶ。2015年2月に日本初の

ドローン専門メディア『DRONE MEDIA』を立ち上げ、編集長に就任。国内外のドローン関連情報

の発信を行うと同時に、空撮、コンサルティング、イベントプロデュースなども手掛ける。

規模としては日本最大級のドローン交流会「DRONE MEETUP」を主催。Best of Japan Drone Award審査員。