ぼうけんキッズ<br> ビスケットであそぼう―園児・小学生からはじめるプログラミング

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ぼうけんキッズ
ビスケットであそぼう―園児・小学生からはじめるプログラミング

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2017年12月11日 16時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 140p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784798143057
  • NDC分類 K007
  • Cコード C3055

内容説明

園児から小学生、大人まで「プログラミング」の楽しさを体験できる知育・学習書です。この本では、スマートフォンやタブレット、ブラウザでかんたんに使える、ビスケット(Viscuit)を使ってプログラミングを体験してもらいます。ビスケットとは、絵を描いてあそびながらプログラミングできる、ビジュアルプログラミング言語です。

目次

ビスケットの使い方
みんなでつくる(ビスケットランドであそぼう!;いろいろな動きを作ろう―ぶつかる編)
ひとりでつくる(いろいろな動きを作ろう―かんたんゲーム編;模様を作ろう;音を鳴らそう;落ちゲーを作ろう)

著者紹介

原田康徳[ハラダヤスノリ]
合同会社デジタルポケット代表/計算機科学者/ビスケット開発者/ワークショップデザイナー。北海道生まれ。旭川高専電気工学科に入る。北海道大学応用物理学科に編入学したあと、コンピュータの研究をして博士に。NTTの研究所でプログラミング言語を新しく作っていた

渡辺勇士[ワタナベタケシ]
合同会社デジタルポケットチーフファシリテーター/ワークショップデザイナー。東京都生まれ。明治大学で、商業の勉強をした。卒業したあと、繊維の商社、Yシャツの卸問屋、眼鏡店、非営利教育団体で働く。その後、青山学院大学大学院に入学

井上愉可里[イノウエユカリ]
合同会社デジタルポケットデザイナー・ファシリテーター/ワークショップデザイナー。熊本県生まれ。佐賀で育ち、8歳からは横浜で過ごしました。武蔵野美術大学で空間演出デザインを学び、卒業後は地域新聞の制作を経て、グラフィックデザイナーとしてデザイン事務所に10年勤めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

4歳でもできる!粘土あそびのようにコンピュータに触ろう・作ろう。ビスケット(Viscuit)でプログラミングを体験しよう。開発陣、自らが書いた世界初のビスケット入門書

4歳でもできる!粘土あそびのようにコンピュータに触ろう・作ろう



園児から小学生、大人まで「プログラミング」の楽しさを体験できる

知育・学習書です。



この本では、スマートフォンやタブレット、ブラウザでカンタンに使える、

ビスケット(Viscuit)を使ってプログラミングを体験してもらいます。

ビスケットとは、絵を描いて遊びながらプログラミングできる、

ビジュアルプログラミング言語です。



操作はカンタン!

1.ビスケットで絵を描く

2.「メガネ」で動きを作る



これだけでプログラムが作れます。



就学前や小学校低学年のお子さんは、まずはお父さん、お母さんが一緒に

プログラムを作ってみてください。直観的にプログラムを作れるので、

一度やれば、あとはどんどん自分でいろいろな動きのプログラムを考えて

創り出すことができるはずです。ビスケットでプログラムを作ることで、

子どもたち自らが考え、創造し、伝える力を育むことができます。



コンピュータは、プログラムで動いています。通常、プログラムは

難しい文字で書かれているので、文字、つまりコンピュータ用の専門の言語を

おぼえないと作れません。



しかし、ビスケットでは、まず絵を描いて、その絵の「変化(動き)」の仕方を

「メガネ」という部品を使ってコンピュータに教えてあげます。これによって、

絵を動かすプログラムを作ることができます。



一見単純な動きしか作れないように思えますが、アイデア次第でアニメーション、

ゲーム、音楽など、いろいろな動きを作ることが可能です。



難しいことをおぼえなくても、直観的にコンピュータの仕組みに触れつつ、

プログラミングの楽しさを知ることができます。ビスケットには、スマートフォン、

タブレットで動くアプリ版、ブラウザ版があります。親子でプログラミングを

楽しんでください!



0 ビスケットの使い方



1 ビスケットランドであそぼう!


 01 絵を描いて動かそう!

 02 クラゲみたいにゆ?らゆら

 03 色いろいろキャンディ

 04 ダンシング棒人間

 05 歩いて見えるしゃくとり虫

 06 くるくる回す



2 いろいろな動きを作ろう[ぶつかる編]


 07 ロケットと星がぶつかったら

 08 花が咲く

 09 かぜの伝染

 10 じゃんけん



3 いろいろな動きを作ろう[かんたんゲーム編]


 11 さわったら出てくる

 12 おそうじロボット

 13 タマゴが割れたら?

 14 シューティングゲーム



4 模様を作ろう


 15 パタパタ模様

 16 増えながら動く模様

 17 ぶんしん模様でうめつくそう!



5 音を鳴らそう


 18 リズムマシーン

 19 オリジナルけんばん楽器

 20 オルゴール



6 落ちゲーを作ろう


 21 ボールくずし

 22 ボールくずしの得点計算



合同会社デジタルポケット[ごうどうがいしゃでじたるぽけっと]

原田 康徳[ハラダ ヤスノリ]

渡辺 勇士[ワタナベ タケシ]

井上 愉可里[イノウエユカリ]