非認知能力をはぐくむ絵本ガイド180

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

非認知能力をはぐくむ絵本ガイド180

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年05月19日 08時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798066233
  • NDC分類 019.5
  • Cコード C0037

出版社内容情報

子供が将来成功し、幸せになるために欠かせないといわれる「非認知能力」。
「忍耐力」「思いやり」など、テストでは測れないこの内面的な能力をはぐくむために有効なのが絵本です。
親子で絵本を楽しみながら子どもの非認知能力を育てる方法と、非認知能力を育むのに適する絵本を紹介します。
【目次】
はじめに 不確実な世の中だから、非認知能力が役に立つ
第1章 非認知能力とは?
第2章 非認知能力をはぐくむ絵本ガイド
第3章 非認知能力をはぐくむために大人が気をつけたいこと
おわりに 絵本を読むと何がいいの? 読んでもらった子どもの視点から

内容説明

夢中になれる絵本との出会いが子どもの「生きる力」を育てる!忍耐力、自己抑制、目標への情熱、社交性、敬意、思いやり、自尊心、楽観性、自信。9つの非認知能力を伸ばす観点から絵本をセレクト!心の能力を高める絵本180選!

目次

第1章 非認知能力とは?(非認知能力ってなんだろう;日本の保育・教育と非認知能力;絵本はなぜ非認知能力を育てるのに最適なのか ほか)
第2章 非認知能力をはぐくむ絵本ガイド(忍耐力をはぐくむ;自己抑制をはぐくむ;目標への情熱をはぐくむ ほか)
第3章 非認知能力をはぐくむために大人が気をつけたいこと(0・1・2歳での土台づくり(スキンシップをたくさん取り入れる;いろいろな世界に触れることを習慣化する;対話と言葉のベースをつくり始める)
好きを追いかけさせ、思いっきり遊ばせる
子どもと対話し続ける ほか)

著者等紹介

寺島知春[テラシマチハル]
絵本ワークショップ研究者/ワークショッププランナー/コラムニスト。東京学芸大学大学院教育学研究科美術教育専攻修了、教育学修士。東京学芸大学個人研究員。絵本専門士。1983年名古屋市に生まれ、絵本編集者ののち、大手新聞社などでの企画・編集・執筆を経て、上記大学院で絵本ワークショップの研究・開発と、戦後日本絵本史の研究を行う。現在は執筆とともに、美術ワークショップの企画開発を手がけ、2022年度より彰栄保育福祉専門学校の認定絵本士養成講座で絵本ワークショップ講義を担当するほか、女子美術大学ほかでの講義経験も。ワークショップレーベル「アトリエ游」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

14
非認知能力という言葉を初めて聞き手にした本。それほど難しくなく、身近な例えで理解できました。0歳~小学生向けのおすすめ絵本に繋がてくれていたからかな?2022/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19192547

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。