デジタルなのになぜ音が変わるのか?―良い音で聴くためのデジタルオーディオ作法

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

デジタルなのになぜ音が変わるのか?―良い音で聴くためのデジタルオーディオ作法

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2020年07月12日 08時58分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 308p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784798061337
  • NDC分類 547.33
  • Cコード C0073

内容説明

デジタル音源を良い音で聴くために何を知っておくべきか。実は盲点になりえるデジタルプロセスの事情は結構あります。「最終的には聴いて良ければよい」のは言うまでもありません。ですが、知らないより知っていたほうがよいでしょう。本書は「ビットパーフェクト」をキーワードにデジタル音楽の秘密を紐解いていきます。

目次

1章 ハイレゾとデジタルオーディオ(デジタル音楽とハイレゾにいたる道;ハイレゾ時代に活躍する「DAP」進化する「DAC」 ほか)
2章 ディスクのファイル化(膨大な音源資産「音楽CD」;エラーなく終了してもビットパーフェクトとは限らない「リッピング」 ほか)
3章 ビットパーフェクト再生とデジタル音質(そのソフトウェアではビットパーフェクトにならない?;ウィンドウズ、オーディオエンジンの不都合な真実 ほか)
4章 ファイルオーディオを楽しむ(音楽CDはファイル化して聴いたほうが「良い音」なのか?;選ぶべきファイルフォーマットはどっち? ほか)

出版社内容情報

“ビットパーフェクト”
本当にしていますか?
音楽をデジタルで聴くための新常識

音圧戦争、原波形復元、偽ハイレゾ、DAC、ジッター、
今までずっと信じていたことは非常識だった。
もうオーディオ都市伝説に騙されない。