AIに負けない自分で考える子どもを育てる21世紀型教育

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

AIに負けない自分で考える子どもを育てる21世紀型教育

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年05月28日 12時47分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784798055886
  • NDC分類 372.1
  • Cコード C0037

出版社内容情報

AIに代替されない人材の育て方で注目される「21世紀型教育」の考え方と実践を、三田国際学園の学園長が解説する。 20世紀の教育は、MBAを頂点とする「AIに代替される人材」の教育を効果的に行いました。
 これに対して21世紀の教育では、「AIに代替されない人材」の育成が求められています。そのニーズに対する解の一つが「21世紀型教育」です。

 ここで言う「21世紀型教育」は一般的な名称ではなく、三田国際学園を筆頭に、C1英語(国際標準に即した「熟達レベル」の英語)×PBL(問題解決型学習)×ICT×リベラルアーツの現代化×man for others(他者への貢献)という授業革命を軸に進められている教育改革であり、21世紀型教育機構を構成する中高一貫型などの私学学校で進められています。

第1部 21世紀の教育と2020年度以降の大学入試を考える
 第1章 21世紀型の教育にシフトする理由
 第2章 2020年度以降の大学入試について

第2部 
 第1章 「21世紀型教育」の必要性
 第2章 「21世紀型教育」のコンテンツ
 第3章 「21世紀型教育」と先生
 第4章 「21世紀型教育」とキャリアデザイン
 第5章 学校は変われるか?
 第6章 これからの学校選び

第3部 「21世紀型教育」の全体像

大橋清貫[オオハシキヨミチ]
著・文・その他

本間勇人[ホンマハヤト]
著・文・その他

目次

第1部 21世紀の教育と2020年度以降の大学入試を考える(21世紀型の教育にシフトする理由;2020年度以降の大学入試について)
第2部 「21世紀型教育」を語る(「21世紀型教育」の必要性;「21世紀型教育」のコンテンツ;「21世紀型教育」と先生;「21世紀型教育」とキャリアデザイン;学校は変われるか?;これからの学校選び)
第3部 「21世紀型教育」の全体像(2040年の社会には、何が起きるのか?;「21世紀型教育」の全体像;新しいステージ、「グローバル教育3・0」へ;「21世紀型教育」への移行は、歴史的な大事件)

著者等紹介

大橋清貫[オオハシキヨミチ]
三田国際学園中学校・高等学校学園長。一般財団法人新時代教育研究所代表理事。21世紀型教育機構副理事長。2005年4月、学校法人順心女子学園理事長に就任。同年9月、同学園長に就任。2007年4月、学校法人順心広尾学園(広尾学園中学校高等学校)に改称して理事長、学園長に就任。2013年4月、学校法人戸板学園教育監修理事に就任。2013年5月、一般財団法人新時代教育研究所を設立、代表理事に就任。2014年4月、戸板中学・女子高校の校名改称・共学化を決定し、三田国際学園学園長に就任

本間勇人[ホンマハヤト]
本間教育研究所代表。私立学校研究家。21世紀型教育機構理事。開智国際大学客員教授。首都圏模試センターリサーチフェロー。1985年、日能研で「授業・テスト・評価」開発・入試情報編集に従事。1999年、NTS教育研究所を設立。2000年から2007年までHonda「発見・体験学習」のプログラム開発。2008年、本間教育研究所設立「PBL授業・思考力テスト・エンパワメント評価」調査・開発。2008年から2015年EU(欧州連合)プロジェクト学習開発運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

future4227

40
近年、みるみる偏差値を上げている注目の三田国際学園中の学園長(元広尾学園理事長)が書かれた本。先日読んだ千代田区立麹町中の取り組みと相通じるものがある。AIに代替されない創造力、思考力、発想力を養う教育。いつまでも大学合格実績を競う教育じゃダメなんだよ。「制限のない教育」という方針が素敵だ。大学でやるような内容まで躊躇なく進める授業。基礎学習は生徒が自分でやってしまう。先生も生徒も保護者も学びの本質をよくわかっている。最先端教育を受けたいなら麹町中学→三田国際高校というルートだな。そして大学は海外。2019/07/14

ひこぼし

6
こんな学校ならいいかもしれないけど、全員がこうではないし落ちぶれてしまう生徒もいそう。波に乗れない子達はどのように救っているのかが気になった。 最先端な学校を知るにはいいと思った。2020/07/29

☆ツイテル☆

2
フライヤー2022/02/07

バヤシコ

1
日本の学校に特有である「詰め込み型教育」により、型通りの人間を量産する仕組みは、もはや時代遅れであると痛烈に批判している。著者はAIが高度に発達し、求められるスキルが変化する社会で活躍できる子供の育成を目的としている。しかし、残念ながらこの本では、三田国際学校の宣伝が殆どで、具体的な問題点やそれを解決するための教育方法が述べられておらず、薄い内容であると思わずにはいられなかった。2019/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13230490

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。