インターナショナル新書<br> ウルトラ音楽術

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

インターナショナル新書
ウルトラ音楽術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 23時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784797680980
  • NDC分類 762.1
  • Cコード C0273

出版社内容情報

『ウルトラセブン』の音楽はどのようにして生まれたのか?

『ウルトラセブン』の作曲家・冬木透の半生と創作活動について、初めて書籍としてまとめた1冊。
満州で過ごした幼少期にどのような体験をし、戦後、いかにして音楽の道へ進むことを決意したのか。
そして本書では作曲・録音・選曲といった『ウルトラセブン』の制作工程の秘話や、冬木自身が印象に残っている楽曲、それらを語る上で欠かせない各監督との思い出を大公開。そこには昭和の熱気あふれるテレビ番組制作の情景が浮かび上がる。
さらに冬木の作曲の根幹にあるクラシック音楽や、本名の蒔田尚昊名義で発表した宗教音楽などの作品についても収載した。
すべての『ウルトラセブン』ファン、特撮ファン、冬木ファン垂涎のエピソードが盛りだくさんの1冊!


【著者略歴】
冬木透(ふゆき とおる):本名、蒔田尚昊(まいた しょうこう)。作曲家。一九三五年、中国・長春生まれ。エリザベト音楽短期大学作曲科、宗教音楽専攻科修了。ラジオ東京(現・TBS)で効果、作曲を担当。桐朋学園大学音楽学部に奉職。『鞍馬天狗』、『ウルトラセブン』、NHK連続テレビ小説『鳩子の海』、蒔田尚昊名義では宗教曲も数多く作曲。
青山通(あおやま とおる):著述家、本名の青野泰史にて編集者。一九六〇年、東京生まれ。早稲田大学卒業。音楽之友社にて『週刊FM』、書籍等の編集、数社を経てフリーランス。クラシック音楽から欅坂46までの音楽領域に関心。著書に『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』(新潮社)他。

【内容】(目次より)
第一章 私の音楽の源泉 ?満州・上海と広島時代
第二章 東京へ ?ラジオ東京勤務
第三章 ウルトラセブン
第四章 TBS退社から現在まで
第五章 クラシック音楽と私
特別談話 「冬木家で育った私の幼少時代」岡本舞(俳優/冬木透・長女)

内容説明

『ウルトラセブン』の作曲家・冬木透は満州での幼少期にどのような体験をし、戦後、いかにして音楽の道へ進み、ついには『ウルトラマンセブン』の楽曲を生み出したのか?本書では作曲・録音・選曲といった『ウルトラセブン』の制作工程の秘話や、それらを語る上で欠かせない各監督との思い出を大公開。さらに冬木の作曲の根幹にあるクラシック音楽や、本名の蒔田尚昊名義で発表した宗教音楽などの作品についても収載。ファン垂涎のエピソードが満載の一冊!

目次

第1章 私の音楽の源泉―満州・上海と広島時代
第2章 東京へ―ラジオ東京勤務
第3章 ウルトラセブン
第4章 TBS退社から現在まで
第5章 クラシック音楽と私
特別談話 「冬木家で育った私の幼少時代」岡本舞(俳優/冬木透・長女)

著者等紹介

冬木透[フユキトオル]
本名、蒔田尚昊。作曲家。1935年、中国・長春生まれ。エリザベト音楽短期大学作曲科、宗教音楽専攻科修了。ラジオ東京(現・TBS)で効果、作曲を担当。桐朋学園大学音楽学部に奉職。『鞍馬天狗』、『ウルトラセブン』、NHK連続テレビ小説『鳩子の海』、蒔田尚昊名義では宗教曲も数多く作曲

青山通[アオヤマトオル]
著述家、本名の青野泰史にて編集者。1960年、東京生まれ。早稲田大学卒業。音楽之友社にて『週刊FM』、書籍等の編集、数社を経てフリーランス。クラシック音楽から欅坂46までの音楽領域に関心(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

74
ウルトラセブンの音楽を創った冬木透の半生記。「ウルトラセブンが音楽を教えてくれた」の著者・青山通が取材しまとめ上げている。満州から引き揚げてきた冬木透の大元にはクラッシック音楽があるようだ。そこから、あのウルトラセブンの音楽が生まれてきたのだ。ウルトラセブンの音楽の制作裏話もある。円谷一から渡された詩が足りず、「セブン、セブン、セブン」という連呼を入れたとか、円谷一から詩が渡されず仕方なく「ワン、ツー、スリー、フォー」と入れて名曲「ULTRA SEVEN」が生まれたとか。冬木透の人の良さも見えてくる。2022/06/05

いりあ

7
「ウルトラセブン」の作曲家として知られる冬木透氏の半生を青山通氏のインタビューをもとにまとめたものです。普通に半生を追いかける内容ではなく、後に作曲される数々の名曲へ、冬木透氏の経験がどのように影響を与えたか、ご本人の考察も読めます。ウルトラシリーズに関しては、かなり細かい当時の録音状況などもあり、とても興味深い内容になっています。本書を読んだ後だと、楽曲を聴くときの楽しさが数倍に増します。2022/07/08

NBかえる同盟

5
購読している新聞の書評を見て。青山氏の「ウルトラセブンが『音楽』を教えてくれた」は面白く読んだものの、それほど熱心なマニアでもないので、作曲家・冬木氏の体験記にどれくらい共感できるかな…と思いつつ読み始めたら、これが結構面白かった。放送業界に就職した頃のエピソードは興味深いものがあったし、所々で紹介されるクラシックの名曲は「聞いてみたいな」と思わせるものが多い。冬木氏のような大家でも「もっと勉強していれば良かった」と考えているのだなぁ。頑張らねば。2022/07/16

Go Extreme

1
私の音楽の源泉―満州・上海と広島時代: 原風景 隣の部屋から聞こえてきたワーグナー ラジオでなじんだクラッシック音楽 作曲家の道を選択 ケンプとの出会い 東京へ―ラジオ東京勤務: ハードと表現の進化 ウルトラセブン: 作曲、選曲、効果の役割分担 作曲・少しでも材料を集めて活かす 作曲の工程 シューマンのピアノ協奏曲 TBS退社から現在まで: 老後を迎える世代の方へ クラシック音楽と私: 仕事で・楽しみで聴く音楽 特別談話:「冬木家で育った私の幼少時代」2022/05/23

いちはじめ

1
ウルトラセブンなどの劇伴音楽で著名な冬木透がその半生を語ったもの。お人柄なのか、幸運な出会いがあって助けられたように奥ゆかしく語られているものの、これって実は幼少期から音楽の才能が周囲に知れ渡っていたのでは? 個人的にはTBS社員時代のエピソードが興味深く、もっと詳しく知りたかった。そのあたりを中心にもう一冊出してくれたら嬉しいのだが。2022/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19444238

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。