資本主義はなぜ自壊したのか―「日本」再生への提言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 373p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784797671841
  • NDC分類 332.06
  • Cコード C0033

出版社内容情報

「新自由主義経済学」は悪魔の思想だ!!
広がる格差、止めどない環境破壊、迫り来る資源不足、そして金融危機――すべての元凶は、資本主義にあった! 「構造改革」の急先鋒と言われていた著者が、いま、悔恨を込めて書く警告の書。

内容説明

リーマン・ショック、格差社会、無差別殺人、医療の崩壊、食品偽装。すべての元凶は「市場原理」だった!構造改革の急先鋒であった著者が記す「懴悔の書」。

目次

序章 さらば、「グローバル資本主義」
第1章 なぜ、私は「転向」したのか
第2章 グローバル資本主義はなぜ格差を作るのか
第3章 「悪魔の碾き臼」としての市場社会
第4章 宗教国家、理念国家としてのアメリカ
第5章 「一神教思想」はなぜ自然を破壊するのか
第6章 今こそ、日本の「安心・安全」を世界に
第7章 「日本」再生への提言
終章 今こそ「モンスター」に鎖を

著者等紹介

中谷巌[ナカタニイワオ]
三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)理事長。多摩大学教授、多摩大学ルネッサンスセンター長。一橋大学名誉教授。42年大阪生まれ。65年一橋大学経済学部卒。日産自動車に勤務後、ハーバード大学に留学。73年、ハーバード大学経済学博士(Ph.D.)。その後、同大学研究員、大阪大学教授などを経て、一橋大学教授に就任。細川内閣の「経済改革研究会」委員、小渕内閣の「経済戦略会議」の議長代理を歴任。99年、ソニー株式会社取締役、03年、ソニー取締役会議長に就任(05年まで)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。