サイエンス・アイ新書<br> アインシュタイン‐大人の科学伝記―天才物理学者の見たこと、考えたこと、話したこと

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

サイエンス・アイ新書
アインシュタイン‐大人の科学伝記―天才物理学者の見たこと、考えたこと、話したこと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月21日 10時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 192p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784797389166
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0223

出版社内容情報

人はいかにして既成概念を破り、生きるのか

内容説明

それまでの世界観をくつがえす相対性理論を提唱した天才科学者、アインシュタイン。苦労人で自由人、「ユーモラスなオッサン」でもあり、その言葉は今も、勇気や発見を与えてくれます。彼が当時、何を見、どう考えて相対性理論にたどり着き、そして周りの人々にどのようにかかわって生きたのか?それらをまとめて知るための、欲張りな1冊です。

目次

序章 アインシュタイン前夜
第1章 アインシュタインの誕生
第2章 奇跡の年
第3章 特殊相対性理論
第4章 教授時代
第5章 一般相対性理論
第6章 アインシュタイン・フィーバー
第7章 アインシュタインと平和
第8章 アインシュタインと宇宙

著者等紹介

新堂進[シンドウススム]
1971年、長野県生まれ。専門はプログラマ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふくいち

5
「大人の科学伝記」という言葉を見て,そう言えば,伝記って子供が読むものとは限らないのだが,なぜか子供用のものばかり。こういう趣向の伝記もいいものだ。相対論の解説はわかりやすくしようとして空回り気味だし,特殊相対論の思考実験について,学生時代に読んだ別の本の方がもっとわかりやすかった。科学の解説書はたくさんあるが,本書はあくまでも伝記であるから,ほほえましいエピソードを読んで暖かい気分に浸ろう。2018/10/28

ぐーちょき

3
伝記と呼ばれるものを久し振りに読んだ。情けないかな読み終わっても、スゴイ人なんだ!ということくらいしか分からない(笑)。相対性理論も"へぇ"てな感じで恥ずかしいもんです。自分の"好き"がよく分かってる人は、人生を走り切れるのかな。2019/03/24

コーキ

3
ざっくりと、アインシュタイン、相対性。2017/09/28

たつるん

2
以前からもアインシュタインの事に触れることがあったが、断片的であった。今回アインシュタインの一生を通じて触れることができたのは初めてである。 こういう偉人天才によくあるが、彼も小さい頃は他の人と変わっており、普通といわれる子ではなかったようである。 失敗も繰り返して、世界的に有名になったのである。 日本に一か月以上も滞在していたとは初めて知り衝撃的だった。日本を好んでくれたようである。 当時の日本人が「相対性」と訳された本を見て「アイタイ・性」とその手の本であると勘違いしていたとは面白い。2017/11/04

せいや

1
自分は以前からアインシュタインの名言が好きで、親しんでいた。 この本を読んで、アインシュタインの存在が身近に感じられた。 それは偏にアインシュタインの人柄、ユーモアに因るものであり、彼の業績の偉大さを考えるとあまりに不躾、でも親しみを感じる...というアンビバレンス。 人々がアインシュタインに惹かれる理由が解った気がする。2021/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12211222

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。