GA文庫<br> ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

GA文庫
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月15日 12時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 327p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784797372809
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

迷宮都市オラリオ―『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。「よし、ベル君、付いてくるんだ!“ファミリア”入団の儀式をやるぞ!」「はいっ!僕は強くなります!」どの“ファミリア”にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。これは、少年が歩み、女神が記す、眷族の物語。第4回GA文庫大賞、初の大賞受賞作。

著者等紹介

大森藤ノ[オオモリフジノ]
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』で第4回GA文庫大賞・大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

249
主人公像が一昔前の少年漫画風でお話もそれっぽい。これを堂々とやられると一周回って新しく感じるし今時のライトノベル的な要素も入っていてバランスよくちゃんと新鮮さを感じる作品になっている。ただテンポの悪さというか語りのまどろっこしさがワクワク感の持続を削ぐところもあり、上々の開幕編とまではいかないのが少し残念。終盤は熱くなる描写があるし作品の核はたいへん良いと思うので次巻のレベルアップに期待したい。2014/04/21

チェシャ猫

163
ウィザードリーみたいなダンジョンRPGにハーレム系をプラス?情熱に燃える低レベルの少年が羨望と勇気を胸にダンジョンを突き進むはずが、たちの悪い女神様の目に止まって;;。成長物が好きな人にはお勧めかも。しかし爺さん、年端もいかない少年に冒険とハーレムを教えるなんて、正直なジジイだ。ゼウスかよって感じ。2014/07/24

Dー

110
漫画版は読んだので内容はわかっていたけど…やっぱり心情が描かれてるので色々とわかりやすかった。ベルくんのステイタスの上昇っぷりからそのうち無双でもしだすのかな…?ヘスティアのキャラも可愛くてよかったです。アイズは…のちに期待。ヒロイン勢がたくさんいるので誰か一人は好みの子ができそう…2015/03/31

よっち

107
出会いを求めてダンジョンに身を投じた冒険者ベルの物語。最初は動機が不純だなあと思って読み始めたんですが(苦笑)、カッコ良くて強い女の子に助けられたのにお礼も言うことができず、自分の力不足を痛感して自分も強くなろうと努力する、そんな主人公ベルの真っ直ぐさには好感が持てました。そんな彼と契約する神様ヘスティアもベルが大好きだし、ギルドの担当者エイナやシルといった周囲にも恵まれていて、助けてくれた女の子アイズや他の神様も気に掛けているような状況は、これからいろいろありそうですが、次巻以降も楽しみなシリーズです。2014/05/05

θ(シータ)

98
「……僕、強くなりたいです」これは少年が歩み、女神が記す、ーー【眷属の物語】ーー弱い主人公ベル・クラネルが神様ヘスティアと成長していく物語かな。主人公が中々共感できて面白い!!中盤、馬鹿にされて自暴自棄になりダンジョンに乗り込むんだけどその時ベルといったらもう凄かった。ここは是非読んでほしいところ。後、魅力的なヒロインが沢山出てきてそれも良かった!自分はヘスティアがお気に入り。ヘスティアの性格もいいんだけど何よりあの口調がイイよね、癖になりそう。興味が尽きない作品です。星5つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】2015/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5883974

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。