SB文庫
不良品―オレは既製品じゃない!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784797330830
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0195

内容説明

俳優・宇梶剛士が自身の生き様を率直に語る。複雑な家庭環境で育ち、プロ野球選手を目指した少年時代、ある事件を機に巨大暴走族の総長へなっていく経緯、そして少年院でのチャップリンの自伝に出会い…。自身の半生に正面から向き合った感動のノンフィクション。

目次

第1章 光の中で(家族と過ごした最後の地;アイヌの母は活動に没頭)
第2章 闇の扉(小学六年生で中学生二三人を返り討ち;父の左遷でメジャーリーガーの夢途絶える ほか)
第3章 闇の中へ(構成員二〇〇〇人の暴走族の総長;総長を降りる、また捕まる ほか)
第4章 光の扉(新たな高校生活でまたもトラブル発生;菅原文太さんに電話一本でもらわれる ほか)
第5章 そして今(トレンディードラマ出演から極貧生活へ急降下;舞台から再びテレビへ ほか)

著者等紹介

宇梶剛士[ウカジタカシ]
1962年、東京都生まれ。『ひとつ屋根の下2』(CX)、『サイコメトラーEIJI2』(NTV)、『ママの遺伝子』(TBS)、映画『GTO』、『お父さんのバックドロップ』など、数々のドラマや映画に出演するほか、舞台では作・演出も手掛ける。バラエティー番組などの出演も多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みち

26
野球少年から、構成員2000人の暴走族の総長へ。カツアゲ、弱い者いじめはしない。ヤクザとの繋りを持たない。喧嘩に負けてはならない。と言う、漫画の主人公を地で行く宇梶さん。少年院でもリーダー各、定時制高校でも、バスケ部を導き初優勝とか、カリスマ性が有りすぎて凄い。生まれ持った魂のエネルギーがとても大きい人なんだろうなぁ。自分自身の弱さと向き合っても、諦めずに方向転換できる、心の素直さを見習いたい。2020/05/09

せっちゃん

8
宇梶剛士さんの自伝。少年院時代に母親から差し入れたチャップリンの自伝を読み、更正していく。少年院時代の担当先生とのやりとりが興味深かった。常に自分を持っておられ、弱い自分も認められる強い人。いつも自分の頭で考え、行動されているので自分も見習いたいと思いました。2019/03/07

ホワホワ

8
まるでテレビドラマのような半生でした。台本があるようなw 彼は暴走族の頭として有名ですが、一本筋の通ったワルだったらしく、弱い者からたかるような真似はメンバーにもさせなかった。まあそれらも含めて、本人は過去のワル時代を否定されていますけどね。少年院に入ったのも、直接自分とは関係のない事件がきっかけです。少年院で煙草の件で考査寮に戻されたときも、理由を話さないんですね。しょうがないと思い、罰を甘んじて受け入れる。昭和の男って感じでした。2016/08/02

トマト・デラックス

6
宇梶剛士の半生記。闇夜の鴉が2000人の暴走族を束ねていた。紆余曲折あるが、力強い意志で己を突破していく。少年院から定時制バスケットボール優勝までの話は感動的でもある。ワルさしたことや奥さんとの恋模様は端折られていたことから、書きたくないことは書いていないと感じられた。もっとドロドロな部分も書いてくれれば、本として面白かっただろう。地元くにたちに関東のワルを束ねる総本山があったなんて信じられない。2014/11/21

よし

5
宇梶氏の講演会を聴いて、彼の生き方に感動した。その時に、この本のことを知り、早速読んだ。講演で聴いたエピソードがほとんどだった。が、中には詳しく、感動的な話もあった。少年院で、彼を必死で見つめる酒井先生との出会いはすごかった。運動会での駅伝で、必死に応援する先生に自分も一緒になって思わず泣けてしまった。また、役者時代に極貧生活にまで落ちる10年間の生き様もすごい。離婚した1歳になる子どもが後を追い泣き叫ぶ姿に、心のわだかまりがとけて、思わず号泣する父親、宇梶。・・ますます、彼から目が離せなくなった。2017/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/260865

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。