UMLによるビジネスモデリング

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 527p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784797313826
  • NDC分類 007.61
  • Cコード C0055

目次

第1章 ビジネスモデリング
第2章 UML入門
第3章 ビジネスアーキテクチャのモデリング
第4章 ビジネスビュー
第5章 ビジネスルール
第6章 ビジネスパターン
第7章 リソースとルールのパターン
第8章 ゴールパターン
第9章 プロセスパターン
第10章 ビジネスアーキテクチャからソフトウェアアーキテクチャへ
第11章 ビジネスモデル例

著者等紹介

鞍田友美[クラタトモミ]
株式会社東芝e‐ソリューション社事業戦略センター主務。1995年大阪大学理学研究科博士課程単位取得後中退(物理学専攻)。同年株式会社東芝入社。オブジェクト指向技術の研究・開発に従事。主に、分散オブジェクト技術による制御・監視システムの開発に携わる。現在は事業企画を担当している

本位田真一[ホンイデンシンイチ]
文部科学省国立情報学研究所ならびに東京大学教授。1978年早稲田大学大学院理工学研究科電気工学専攻修士課程修了。工学博士

東秀明[アズマヒデアキ]
株式会社東芝e‐ソリューション社SI技術開発センター。1999年慶応義塾大学政策・メディア研究科修士課程卒業。オブジェクト指向技術の開発・研究に従事。主にコンポーネント化などの開発に携わる

飯島淳一[イイジマジュンイチ]
東京工業大学・大学院社会理工学研究科経営工学専攻教授

児玉公信[コダマキミノブ]
東京都立大学人文学部(心理学)卒業、技術士(情報工学部門)。慶応義塾大学非常勤講師

高橋徹[タカハシトオル]
株式会社東芝社会インフラシステム社小向工場勤務。1992年東北大学工学部電気工学科卒。同年株式会社東芝入社。官公庁向けシステムのソフトウェア設計に従事

中谷多或子[ナカタニタカコ]
1994年筑波大学大学院経営・政策科学研究科経営システム科学専攻修士課程修了。1998年東京大学大学院広域システム科学系博士課程修了。博士(学術)。現在有限会社エス・ラグーン代表。和歌山大学客員教授。専門はオブジェクト指向分析技術

羽生田栄一[ハニュウダエイイチ]
株式会社豆蔵代表取締役社長。オブジェクト指向技術(OT)の可能性に目覚め、OTにもとづく教育・コンサルティング・SIを総合的サービスとして提供中。現在は、パターンやビジネスモデリングとアーキテクチャ、プロセス、組織運営の接点に興味を持っている

山本純一[ヤマモトジュンイチ]
1990年東京工業大学大学院理工学研究科システム科学専攻修士課程修了。同年株式会社東芝入社

吉田和樹[ヨシダカズキ]
株式会社東芝SI技術開発センター。1989年東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了。同年株式会社東芝入社。1995~1997年イリノイ大学アーバナ・シャンペン校計算機科学科客員研究員。現在、ビジネス分野におけるコンポーネントベースのフレームワーク開発に従事
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

複雑なビジネスを理解するために、UMLを使ってビジネスをモデル化することで、ビジネスを支援するソフトウェアシステムはもちろん、仕事全体を改善できる。本書では、ビジネスモデリングに役立ち、再利用可能なビジネスパターンと実用例を提供、解説する。