ADRの基本的視座

個数:

ADRの基本的視座

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 318p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797292985
  • NDC分類 327.5
  • Cコード C3032

内容説明

10名の研究者・実務家が、自らが立脚している前提を意識した上で、ADRの位置づけ、現在の紛争解決手続や議論の状況、その評価など、それぞれの視点から、熱く自由な考察を展開。ADRを巡るある種の混迷状況に、一定のパースペクティブを与え、ADR基本法のいわば根源的課題を探り、展望する。

目次

1 紛争処理システムの権力性とADRにおける手続の柔軟化
2 ADRのルール化の意義と変容―アメリカの消費者紛争ADRを例として
3 日本型紛争管理システムとADR論議
4 国によるADRの促進
5 借地借家調停と法律家―日本における調停制度導入の一側面
6 民間型ADRの可能性
7 現代における紛争処理ニーズの特質とADRの機能理念―キュアモデルからケアモデルへ
8 和解・国際商事仲裁におけるディレンマ
9 制度契約としての仲裁契約―仲裁制度合理化・実効化のための試論
10 ADR法立法論議と自律的紛争処理志向
座談会 「ADRの基本的視座」

著者等紹介

早川吉尚[ハヤカワヨシヒサ]
立教大学助教授

山田文[ヤマダアヤ]
京都大学助教授

浜野亮[ハマノリョウ]
立教大学教授

垣内秀介[カキウチシュウスケ]
東京大学助教授

高橋裕[タカハシヒロシ]
神戸大学大学院助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。