近代憲法における団体と個人―結社の自由概念の再定義をめぐって

個数:

近代憲法における団体と個人―結社の自由概念の再定義をめぐって

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月26日 18時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 383p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797291001
  • NDC分類 323.01
  • Cコード C3332

内容説明

脱組織化、ネットワーク化社会において団体や結社の自由を模索するには、近代の枠組みを問う作業が前提となり、団体と個人の関係では人権規定の私人間適用が出発点となる。第1編は憲法理論における結社の自由について、個人主義が濃厚な憲法で団体がどのように位置づけられるか、第2編は、団体との交渉を避けられない個人がいかに団体から自由であり得るかについて考察する。

目次

第1編 近代憲法における団体と個人―結社の自由概念の再定義をめぐって(個人と結社;「トクヴィル‐アメリカ型」結社観と「ルソー‐ジャコバン型」結社観;多元主義的結社観の形成;イギリス多元主義的国家論と結社の自由 ほか)
第2編 団体における個人(非政治的団体の政治的自由と構成員の思想・良心の自由;強制加入団体と会員の思想・良心の自由;結社からの自由;判例批評・群馬司法書士会訴訟最高裁判決)

著者等紹介

橋本基弘[ハシモトモトヒロ]
中央大学法学部教授(憲法学)。1959年生まれ。1982年中央大学法学部法律学科卒業。1989年中央大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得。法学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。