環境刑法の総合的研究

個数:

環境刑法の総合的研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 574p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797290967
  • NDC分類 326
  • Cコード C3332

内容説明

環境を保護するために、それを侵害・危殆化する行為を処罰する法律を環境刑法という。環境というとらえ所のない概念を刑法上の保護法益とし、個別の環境財についての議論・検討から、刑罰法規を含む法システムを構築する。「公害や環境汚染・環境犯罪から地球を守る」21世紀最大のテーマに取り組む、環境刑法最先端を行く第一線の刑法学者21名による多角的な総合的研究。

目次

序説 概観―日本の環境刑法
第1章 環境法と環境刑法(総論;環境保護の方法としての刑法 ほか)
第2章 環境刑法の展開(日本の公害刑法から環境刑法への展開;世界の環境刑法)
第3章 刑法理論と環境刑法(環境犯罪の構成要件;侵害犯と危険犯 ほか)
第4章 環境犯罪―環境刑法各論(公害犯罪(生命・健康に対する罪)
環境犯罪(環境財に対する罪))

著者等紹介

町野朔[マチノサク]
上智大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。