同一性識別の法と科学―刑事事件における同一性識別証拠に関するデブリン・レポート

個数:

同一性識別の法と科学―刑事事件における同一性識別証拠に関するデブリン・レポート

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784797252392
  • NDC分類 327.62
  • Cコード C3032

内容説明

本書は、イギリスにおいて1976年に発表されたデブリン・レポート(1)の全訳およびおその理解に資するべく付した若干の解説からなる。デブリン・レポートとは、正式名称を「内務大臣に対する刑事事件における同一性識別証拠に関する部門委員会報告」と称するイギリスの内務大臣に提出された調査報告書の略称である。このレポートは、イギリスにおいて、誤った犯人識別が原因で起きた2つの有名な冤罪事件をきっかけとして、誤判原因の究明のために作成されたものでその内容は、2つの冤罪事件の事実関係の詳細な分析から、法心理学および法社会学上の知見を用いた誤判原因の究明におよんでいる。

目次

第1章 序論
第2章 ドーティー事件
第3章 ヴィラーグ事件
第4章 公判での証拠と手続
第5章 公判前の手続
第6章 公判後の手続
第7章 マジストレイト裁判所の手続
第8章 要約と勧告