法政策学の試み―法政策研究〈第5集〉

個数:

法政策学の試み―法政策研究〈第5集〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 218,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797222432
  • NDC分類 321
  • Cコード C3332

内容説明

神戸大学法政策研究会の研究成果をまとめたシリーズ第五集。第五集では、平成13年に研究会が主催したシンポジウム「司法制度改革を考える」の内容を〈特集〉とし、司法制度改革を促したキー・パーソンの一人である中坊公平弁護士の基調講演などをおさめている。

目次

特集 司法制度改革を考える(司法改革がめざすもの―司法制度改革審議会の委員として;二一世紀の弁護士のあり方とその養成;裁判官の人事評価に対する現職裁判官の意見―現状認識・評価項目・不服手続を中心に)
会員の論文(金庫株制度の解禁と持合株式;アメリカ連邦法における内部告発者保護・促進法制;地方自治体における非常勤職員の法的地位の明確化―効率的な行政を目指すため非常勤職員の活用策を探る;水道工事負担金に関する法律問題;地球温暖化対策推進大綱の実効性を求めて―経済的手法の理論面・政策面からの検討;森林及び河川の流域一体管理のための新たな総合的条例(『えひめの森と川を保全する条例』(仮称))制定についての提言と課題)

著者等紹介

阿部泰隆[アベヤスタカ]
神戸大学大学院法学研究科教授(行政法)

根岸哲[ネギシアキラ]
神戸大学大学院法学研究科教授(経済法)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。