取締役分割責任論―平成13年改正商法と株主代表訴訟運営論

個数:

取締役分割責任論―平成13年改正商法と株主代表訴訟運営論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797222227
  • NDC分類 325.243
  • Cコード C3332

内容説明

2001年12月に成立した「企業統治関係改正商法」の責任制限は、米国では広く取り入れられている手法ではあるが、日本では初めての試みであり、基本的には筆者の主張してきた分割責任の法理に基づくものと位置付けられる。本書は、主として取締役の賠償責任を中心に、分割責任(割合的責任、比例的責任)の思想と法理に基づくあるべき法の運用を提示するものである。

目次

第1部 企業統治関係改正商法の解説(平成13年商法改正の趣旨;条文)
第2部 取締役の分割責任(取締役の責任;取締役間の分割化 ほか)
第3部 分割責任の思想と法理(日本における分割責任の展開;米国における分割責任の展開 ほか)
第4部 株主代表訴訟運営論(株主代表訴訟の特質;証拠優越準則の発展の経過 ほか)

著者等紹介

遠藤直哉[エンドウナオヤ]
1945年群馬県生まれ。1968年東京大学法学部卒業。1983年ワシントン大学ロースクール修士。1996年第二東京弁護士会副会長。2001年東京三弁護士会法科大学院検討協議会委員長。法学博士(中央大学)。現在、桐蔭横浜大学大学院教授(商法)、日米医学医療交流財団常務理事、妊娠・出産を支える会(FROM)議長、私法学会・民訴法学会・法社会学会などの会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。