ロースクール教育論―新しい弁護技術と訴訟運営

個数:
  • ポイントキャンペーン

ロースクール教育論―新しい弁護技術と訴訟運営

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784797221831
  • NDC分類 320.7
  • Cコード C3332

内容説明

著者は、ロースクール構想について法曹育成二弁センター委員長として議論をまとめるとともに、各大学・学会のシンポジウムを通じて精力的に発言・活動してこられた。その成果が本書である。氏の構想の核心は、「証拠優越準則」にもとづく迅速・公正かつ創造的な訴訟運営の実現のために「実務・研究・教育の統合」を目指すロースクールづくりにある。

目次

序章 ロースクール構想の実現
第1章 法科大学院における新しい民事実務教育の指針―証拠優越準則に基づく新しい弁護技術と訴訟運営
第2章 実務・研究・教育の統合を目指す法科大学院構想
第3章 法理論教育と法実務教育
第4章 米国・カナダの法曹教育の発展
第5章 全国各県にミニロースクールを
第6章 法曹一元を目指す研修弁護士制度創設に向けて
第7章 規制緩和時代の行為規制運用者としての弁護士―民事規制強化に向けた司法改革