ShoPro Books DC comics<br> バットマン:エゴ

個数:

ShoPro Books DC comics
バットマン:エゴ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月18日 11時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 272p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784796878920
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

ジョーカーの手下のチンピラを追い詰めたバットマン。しかし、その男は自ら命を絶とうとし、衝撃的な理由を明かす。
彼はジョーカーを裏切って金を奪ったが、それが発覚してしまい、ジョーカーに殺される前にと自分の妻子を殺害したというのだ。
罪なき親子を救えなかった罪悪感に苛まれたバットマンは、「復讐に燃えるバットマン」と「理性的なブルース・ウェイン」に人格が分裂してしまった。
2016年に肺がんでこの世を去った天才コミッククリエイター、ダーウィン・クックが描く衝撃の問題作『バットマン:エゴ』を含む、ファン待望の短編集!

内容説明

ジョーカーの部下のチンピラを追い詰めたバットマン。しかし、その男は自ら命を絶とうとし、衝撃的な理由を明かす。彼はジョーカーを裏切って金を奪ったが、それが発覚してしまい、ジョーカーに殺される前にと自分の妻子を殺害したと言うのだ。罪なき親子を救えなかった罪悪感に苛まれたバットマンは、「復讐に燃えるバットマン」と「理性的なブルース・ウェイン」に人格が分裂してしまった…。2016年に肺がんでこの世を去った天才コミッククリエイター、ダーウィン・クックが描く表題作「バットマン:エゴ」を含む、ファン待望の短編集。

著者等紹介

クック,ダーウィン[クック,ダーウィン] [Cooke,Darwyn]
コミックス・アーティスト、アニメーター、ライターとして高く評価されている。『バットマン・エゴ』の成功で、フリーランスのコミックス作家として大成功した。肺がんで闘病の後、2016年5月に53歳でこの世を去った

秋友克也[アキトモカツヤ]
1966年香川県生まれ。関西大学英文学科卒業。文芸翻訳家。カプコンに入社し、アーケードゲームの資料としてコミックス翻訳に着手。その中の『インフィニティ・ガントレット』が『マーヴルクロス』に掲載されて商業翻訳デビュー。訳書多数。模型作例ライターでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

じぇろポーta

2
バットマンとブルース・ウェインの内なる対話を描いた表題作『エゴ』。(精神世界の)バットマンのデザインが超好み。キャットウーマンというより等身大の犯罪者セリーナ・カイルを主役にした『ビッグ・スコア』。「悪党たちはみんな死んだ」というセリフ通り敵も味方もバタバタ死んでいく激渋なクライムコミック。白黒短編『ここに怪物あり』作者が大いに楽しんだという通り、マダムXのデザイン最高。スピリットとバットマンの共闘劇は、オチで「彼」がちょこっと出てきてニッコリ。ハーレイの狂人ぶりが楽しい巻末の『キリング・タイム』も好き。2022/04/25

junne

1
直接的な原作というわけではないものの、随所で『ザ・バットマン』に参照されてる感じの短編集。ダーウィン・クックのいわゆるアメコミっぽさとはまた違ったアートが実にいい2022/04/28

リチャード

1
『キャットウーマン:サリーナズ・ビッグ・スコア』も『デジャ・ヴ』も面白かったけど、巻末に収録されてる『Batman/Superman #17』のヴァリアントカバーに一番グッときてしまった。2人の表情が良すぎる。2022/02/28

fap

0
主人公の脳内劇場開演。 自分を認めて受け入れる話。 一冊まるまる表題作、というわけではなかった。 アメコミと言われて想像できるタイプの絵柄が多い。 なお、当方はスピリットと言われてもわからない程度のアメコミ読者である。 忘れようとしても思い出せないレベルです。 2022/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19153529

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。