ShoPro books DC comics<br> バットマン/ダークナイト:マスター・レイス

個数:

ShoPro books DC comics
バットマン/ダークナイト:マスター・レイス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 22時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 392p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784796877688
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

内容説明

1986年『ダークナイト・リターンズ』は、アメリカンコミックスに後戻りができないほどの衝撃を与えた。2001年『ダークナイト・ストライクス・アゲイン』は、ヒーローコミックスの既成概念を覆すことに挑んだ。そして、生きる伝説フランク・ミラーとブライアン・アザレロの本作『バットマン/ダークナイト:マスター・レイス』で、暗黒の騎士はみたび現代に挑戦する!現代アメコミの礎となる傑作が、ついに邦訳化!

著者等紹介

ミラー,フランク[ミラー,フランク] [Miller,Frank]
アメコミ3大ライターの1人に数えられる巨匠

アザレロ,ブライアン[アザレロ,ブライアン] [Azzarello,Brian]
『100バレッツ』で人気を博した当代きっての人気ライター

キューバート,アンディ[キューバート,アンディ] [Kubert,Andy]
『バットマン』シリーズ(小社刊)を手がけた人気アーティスト

吉川悠[ヨシカワユウ]
翻訳家、ライター。アメコミ関連の執筆をしつつ海外コミックの翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ねりわさび

26
前作DK2の翻訳本発売から14年後の2019年に刊行されたフランクミラーによるダークナイトの続編。全編フルカラーで構成され、パート1はともかく、基本的にパート2であるストライクスアゲインを読まなくても理解できる脚本になっている。アンディキューバートのペンタッチが流麗で全体的に美術性も高い。お値段が男前ですがバットマンフリークは購入して損はないと思います。2019/06/05

13
ミラーの狂気が全開に迸った前作DK2に比べると遥かにまともな作品。そこに関しては共同制作という体制がもたらしたところも大きいのだと思う。 ミラーのアートをその延長線上で理想化したかのようなキューバートのアートと言い、DKRの反復とも言えるような展開と言い、割とファンサービスが強い作品。その意味では小さくまとまっているという印象も受けた。 とは言え、ケレン味のある象徴的な構図や、赤子を背負うワンダーウーマン、切断された片手を操るグリーンランタンなど、ビジュアル面の有無を言わさぬ力強さは健在。堂々たる続編。2019/11/26

junne

1
面白すぎる。最高の一言2020/10/31

リチャード

1
まさに神話という表現がピッタリな圧倒的で壮絶な闘い。2020/04/03

Shinji

0
本作DK3は、DK1DK2よりも読みやすかった。原点はやはりDK1なのだと感じた。2020/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13427377

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。