ファン・ホーム―ある家族の悲喜劇 (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 252p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784796877114
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

内容説明

セクシャルマイノリティとして、文学を愛する者として、共感を覚えながらもすれちがい続けた父と娘。互いをつなぐ微かな糸を、繊細にして静謐な筆致でたどる、ある家族の喪失と再生の物語。

著者等紹介

ベクダル,アリソン[ベクダル,アリソン] [Bechdel,Alison]
1960年生まれ。ペンシルベニア州出身。10歳から日記をつけ始め、それ以来ずっと自分自身の人生を注意深く記録し続けている。1983年から2008年にかけて、レズビアンの主人公とその周囲の人々の日常を綴ったコミック・ストリップ『Dykes to Watch Out For(レズビアンに気をつけて)』を連載し、「同ジャンルにおける傑作の一つ」と称賛された。また、7年の歳月をかけて完成したという本作『ファン・ホーム』が、発売後2週間にわたって『ニューヨーク・タイムズ』紙のベストセラー・リストに入り、批評家、読者の双方から絶賛される。複数のメディアで2006年度のベスト・ブックの1冊として挙げられ、2007年にはアメリカで最も権威のある漫画賞の一つ、アイズナー賞の最優秀ノンフィクション賞を受賞。さらに全米批評家協会賞、アングレーム国際漫画フェスティバルの優秀作品賞にノミネートされるなどして話題になった

椎名ゆかり[シイナユカリ]
海外コミック翻訳者、東京藝術大学非常勤講師。アメリカ・オハイオ州ボーリンググリーン州立大学院ポピュラーカルチャー専攻修士課程修了。平成23~25年度文化庁芸術文化課マンガ研究補佐員。海外マンガや論文の翻訳及び海外におけるマンガ状況について執筆を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

75
2007年アメリカで権威ある漫画賞の一つアイズナー賞を受賞したノンフィクション。父親と私との幼い頃からの関係を自らがつけていた日記から振り返り、44歳で自動車事故で死んだ父親の心の闇を推測する。著者がレズビアンを告げた後だからなのか、父の好んだカミュと同じ自動車事故だったのはそもそも事故なのか、フィッツジェラルドと同じ歳で死んだのは虚構からの破綻なのか、父がホモセクシャルで庭師と不倫をしていた事実や妻との関係の破綻も関係していたからなのか?娘が父と同じ歳になり、7年かけ父の読んだ本から解き明かそうとする。2020/09/20

モルテン

11
アメリカの小さな町の父と娘の物語。性的マイノリティであり文学への造詣が深いという共通点のある2人の人生の歩みを、娘は自身の視点から描き出す。父は癇癪もちで一風変っていて秘密を抱えており、決して良い「父親」ではなかった。娘が幼い頃の思い出では、その「良い父親」ではなかった父の姿が印象的で、アメリカで父親をやるのは相当難しいのだなという感想を持ったが、後半、娘が自らのセクシュアリティを自覚し文学を好むようになってお互い対等な人間のように接することができるようになってからは、こういう父親の在り方もあるのだと→2021/04/27

jamko

9
昨年末にこのグラフィック・ノベルが復刊されることが一部TLで話題になってたので知らなかったけど買ってみたんだけど、予想外に時間がかかってしまった。トルストイ、ウンベルト・エーコ、フィッツジェラルド、ジョイス、プルースト、共通の趣味である文学から様々に引用しながら、レズビアンである著者がバイセクシャルであった父親を家族としての記憶と重ねながら考察する内容はなかなかに難解だ。時系列が前後することもあり、私自身も何度も戻って読み返し、ということを繰り返しながら読んだ。これからもまた何度でも読むんだと思う。2018/01/11

こうすけ

4
あふれる文学的引用は、読書好きにはたまらない。性的マイノリティをめぐる、ある家族の肖像。親子の断絶と不和の物語。素晴らしい

Dの字

3
2018年の初読みマンガがこれで良かった。虚構にしか心の拠り所がないバイセクシャルの父親について、よりラディカルな考えを持つことが許されるようになった時代と環境に生きるレズビアンの娘が回想していくグラフィックノベル。多面的にものを見ることの優しさと怖さを味わえた。そして須賀敦子のエッセイを思い出さずにはいられなかった。2018/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12381157

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。