ShoPro books<br> 闇の国々〈2〉

電子版価格 ¥3,762
  • 電書あり

ShoPro books
闇の国々〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 287p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784796871327
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

内容説明

正体不明の食虫植物都市、地下に広がる巨大な迷宮、次第にエスカレートする狂気の都市整備計画…謎の都市群“闇の国々”のさらなる秘密に迫る待望の第2巻!“闇の国々”シリーズから『サマリスの壁』『パーリの秘密』『ブリュゼル』『古文書官』の4作品を収録。

著者等紹介

ペータース,ブノワ[ペータース,ブノワ][Peeters,Beno^it]
1956年、フランス・パリ生まれ。2冊の小説を出版した後、1980年代から幼なじみのフランソワ・スクイテンとともに“闇の国々”シリーズを手掛け、以後、BDの原作者として活躍。同シリーズは10の言語に訳され、数々の賞を受賞した。また、BD以外にもエッセイ、評伝、映画、テレビ、ラジオドラマの制作など多岐にわたる活動を展開している。『タンタンの冒険』で知られるベルギーのBD作家エルジェの研究家としても有名で、これまでに3冊の研究書を出し、いずれも高い評価を受けている

スクイテン,フランソワ[スクイテン,フランソワ][Schuiten,Francois]
1956年、ベルギー・ブリュッセル生まれ。1970年代から『ピロット』や『メタル・ユルラン』などの雑誌でBDを発表し、1982年、雑誌『ア・シュイーブル』に掲載された“闇の国々”シリーズ第1作『サマリスの壁』で一躍人気BD作家の仲間入りを果たす。現在では、切手やポスターなど、ヨーロッパの至るところでスクイテンのイラストを見ることができ、まさにBD界を代表するアーティストの一人である。また、パリやブリュッセルの地下鉄の駅のデザイン、オペラやダンスの舞台芸術も手掛けており、2005年の愛知万博のベルギー館をはじめとする数々の国際博覧会のパビリオンデザインなどにも携わっている

古永真一[フルナガシンイチ]
1967年生まれ。早稲田大学他非常勤講師。現代思想の研究の他、BDに関する著作や翻訳も手掛ける

原正人[ハラマサト]
1974年生まれ。学習院大学人文科学研究科フランス文学専攻博士前期課程修了。BDの専門誌『EUROMANGA』(飛鳥新社)で翻訳および執筆に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。