“意味”への抗い―メディエーションの文化政治学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 275p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784796702560
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C1036

内容説明

マクルーハン、ベンヤミン、キットラー、ルーマンの再評価から「方法としてのメディア論」を模索するとともに、戦前期の日本映画からJポップの歌詞にいたる具体例を通してメディアの不透明な「媒介作用」の実相に迫る。

目次

Introduction メディア論の/という賭金
第1部 メディエーションの理論(観察者としての受け手;“意味”への抗い―中井正一の「媒介」概念をめぐって;ヴァルター・ベンヤミン 反メディア論的省察―「メディア論」の文体をめぐって;リアリティ・ワールドへようこそ―リアリティ・テレビの現実性;RE‐PLICATION複製―レプリカはアウラの衣を折り畳み、喪失の夢を見る)
第2部 メディエーションの現場(ポピュラー音楽にとって歌詞とは何か―歌詞をめぐる言説の修辞/政治学;引用学―リファーする/されることの社会学;“キノ・グラース”の政治学―日本‐戦前映画における身体・知・権力;声の消長―徳川夢声からトーキーへ)

著者紹介

北田暁大[キタダアキヒロ]
1971年神奈川県生まれ。東京大学大学院人文社会研究科博士課程単位取得退学。専攻は理論社会学、メディア史。現在、東京大学大学院情報学環助教授