ここ以外のどこかへ! 旅の指さし会話帳
旅の指さし会話帳〈72〉イラン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 128p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784795833333
  • NDC分類 829.9
  • Cコード C0026

内容説明

本書は、単語やフレーズを指さしながら会話ができる本です。実際の会話の場面で話し相手に興味を持ってもらうための工夫がいたるところでなされています。言葉の一つ一つは、使うためはもちろん、現地の人たちに“ウケる”ことも考えて選ばれており、イラストも興味をひくために盛り込みました。第1部「指さしシート」は、見たいページがすぐに開けるよう、状況・項目別に分類されています。各単語には、できるだけ実際のイラン(ペルシャ語)の発音に近い読みがなを付記。第2部は、イランという国やペルシャ語の基本知識、文法や会話のコツなどコミュニケーションをさらに深めるためのページを収録。第3部は便利な辞書形式の単語集(日本語→ペルシャ語)で、約2500語を収録しています。

目次

第1部 「旅の指さし会話帳」本編(移動;あいさつ;地図・観光;数字・買物;時間;食事;文化;家・人;トラブル;その他)
第2部 イランで楽しく会話するために
第3部 日本語→ペルシャ語単語集

著者等紹介

ドラジェ,エスファンディヤール[ドラジェ,エスファンディヤール] [Dorraj,E.]
テヘラン生まれ、テヘラン育ち。テヘランにて不動産会社に勤務後、1990年に来日。現在の妻と出会う。2年間のテヘラン生活をはさみ、今は妻と2人の子どもとともに東京在住。ペルシャ語の講師、翻訳業のかたわら、ネットショップの仕入れなどに携わる

五十嵐D.ひとみ[イガラシD.ヒトミ]
秋田県生まれ。ファッションデザイナーとしてアパレルメーカーで働いていた。1998年にはテヘランに移住、夫と子どもとともに、2年間暮らす。現地の国営放送でニュースの翻訳に携わり、ペルシャ語の腕を磨いた。現在は翻訳業のかたわら、イランの魅力的な文化を日本に伝えようと、キリムと雑貨の雑貨のオンラインショップ「パスィンチャール」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。