後遺障害にも絶対負けない!交通事故損害賠償請求バイブル (第2版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 264p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784795831834
  • NDC分類 681.3
  • Cコード C0036

内容説明

重度後遺障害者裁判の実例から、損保会社との闘い方がわかる。「自賠責3級以下なら介護料は請求できない」はウソである。慰謝料、逸失利益、休業損害、介護料、住宅改造費…ここまで請求できる。支払い結果に不満があれば、何度でも異議申立てできる。交通事故問題に強い弁護士の選び方がわかる、ほか、上申書の書き方、弁護士との付き合い方など、他の本にはないノウハウを集約。

目次

第1章 最悪の事態を回避!事故に遭ったら真っ先にすべきこと
第2章 警察・検察・病院・損保への対応と後悔しない示談の注意点
第3章 後遺障害が残ったら、絶対に知っておきたい保険知識
第4章 納得のいく賠償額を勝ちとるための裁判への道
第5章 弁護士すら知らない!?画期的判例から学ぶ賠償までのノウハウ
第6章 後遺障害者が利用できる公的補助
第7章 最低限押さえておきたい自賠責保険の基礎知識と申請方法
第8章 後悔しない自賠責請求書類の見方&書き方

著者等紹介

柳原三佳[ヤナギハラミカ]
ジャーナリスト・ノンフィクション作家。1963年生まれ。交通事故の取材を通し、被害者やドライバーの視点で執筆、講演活動を行う。「週刊朝日」(朝日新聞社)や「ミスターバイク」(モーターマガジン社)に連載した自動車保険の告発ルポは、自賠責保険制度の大改正につながり話題を呼んだ

北原浩一[キタハラコウイチ]
1936年生まれ。NPO法人・交通事故後遺障害者家族の会代表、全国交通事故後遺障害者団体連合会代表。自身の息子が11歳のときに交通事故に遭い、重度後遺障害者となる。それ以来、失われた未来に対する正当な損害賠償を得るため最高裁まで争い、当時、後遺障害者としては最高額の賠償金を認めさせた。この判決は、後の交通事故重度後遺障害者裁判に大きな影響を及ぼすことになる。その後、自身の体験をもとに同じ後遺障害者を持つ家族の情報交換の場として、また自賠責保険制度や被害者支援など諸制度の改善を目指して、NPO法人「交通事故後遺障害者家族の会」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。