たった独りの外交録―中国・アメリカの狭間で、日本人として生きる

個数:

たった独りの外交録―中国・アメリカの狭間で、日本人として生きる

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 318p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794968579
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

言論統制、反日感情、尖閣危機、ハーバードでの情報戦……中国・アメリカ2つの大国を駆け抜けた怒濤の日々の記録!

「国同士の関係が膠着状態に陥っているときこそ、個人の役割が重要になる」
中国共産党による言論統制の下、反日感情うずまく中国で一人の日本人として発言を続け、大学生たちとガチンコの討論を行い、アメリカではハーバードの権威主義と戦う日々……。18歳で単身中国に渡って以来、学業の傍ら論壇で活躍、現在はアメリカで研究・言論活動を続ける著者による、中国・アメリカという2つの大国をたった独りで駆け抜けた「個人外交」の記録!

まえがき 10年間の個人外交録
第1章 三無状態からのスタート
第2章 草の根コミュニケーションで学んだ中国語
第3章 国際連合のような北京大学の環境
第4章 激動の日中関係から生まれたミッション
第5章 言論統制の網目をくぐりぬけて
第6章 “わたし”は日本人であるということ
第7章 “ここ”は中国であるということ
第8章 いまが“グローバリゼーション”の時代であるということ
第9章 中国各地の大学生たちと交わしたガチンコ議論
第10章 僕にとっての“南京事件”
第11章 中国からもうひとつの大国アメリカへ
第12章 ハーバードでの情報戦の日々
第13章 使命感と無用性の両立
おわりに そして、これから祖国とどう付き合うか

【著者紹介】
1984年静岡県生まれ。高校卒業後に単身で北京大学へ留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。日本語・中国語・英語の3カ国語でコラムを書く国際コラムニスト(米ニューヨーク・タイムズ中国語版、英フィナンシャル・タイムズ中国語版、The Nikkei Asian Review、ダイヤモンド・オンライン等)。北京大学研究員、復旦大学新聞学院講座学者、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)を経て、2012年8月に渡米。ハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)フェロー、同大学アジアセンターフェローを経て、現在米ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院客員研究員。日本での主な著書に『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』『われ日本海の橋とならん』『脱・中国論』『「不器用」を武器にする41の方法』などがある。中国語での著書も多数。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。2010年、中国の発展に貢献した人に贈られる「時代騎士賞」を受賞。世界経済フォーラムGlobal Shapers Communityメンバー。中国のいまと未来を考える「加藤嘉一中国研究会」が活動中

内容説明

言論統制、反日感情、尖閣危機、ハーバードでの情報戦…中国・アメリカ2つの大国を駆け抜けた怒涛の日々の記録!

目次

三無状態からのスタート
草の根コミュニケーションで学んだ中国語
国際連合のような北京大学の環境
激動の日中関係から生まれたミッション
言論統制の網目をくぐりぬけて
“わたし”は日本人であるということ
“ここ”は中国であるということ
いまが“グローバリゼーション”の時代であるということ
中国各地の大学生たちと交わしたガチンコ議論
僕にとっての“南京事件”
中国からもうひとつの大国アメリカへ
ハーバードでの情報戦の日々
使命感と無用性の両立

著者等紹介

加藤嘉一[カトウヨシカズ]
1984年静岡県生まれ。2003年、高校卒業後に単身で北京大学へ留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。日本語・中国語・英語の3カ国語でコラムを書く国際コラムニスト。北京大学研究員、復旦大学新聞学院講座学者、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)を経て、2012年8月に渡米。ハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)フェロー、同大学アジアセンターフェローを経て、現在米ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院客員研究員。2010年、中国の発展に貢献した人に贈られる「時代騎士賞」を受賞。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。中国のいまと未来を考える「加藤嘉一中国研究会」が活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mochizo

2
こんなすごい日本人がいたのですね。たった一人で中国に行って中国を学び、そしてアメリカのハーバードに進んで「中国を知っている日本人としている人」になった彼の中国での奮闘記です。いやぁ、勉強になります。本当の中国が見えてきたと思います。また、こんな彼をもっと日本人は知るべきでしょう。ネットばかり見て中国の悪口言う人は、彼のように一度身をさらして中国と接した彼を見習っていただきたいものです。なかなかいい本ですね。2015/11/16

鬼山とんぼ

0
全く政治とは関係なく経済的理由で中国で学ぶことになったが、日中関係悪化から偶然民間スポークスマンとして活動する羽目になった青年の孤軍奮闘の活動記録。民主主義が通用しない中国という国と付き合うには何より「中国人」を理解することが重要という視点は大いに参考になるし、米国人の日本に対する意識の低さ、ご都合主義もよくわかった。どの国でも自分の生存が大事ということだろう。著者はまだ若いし、今後どんどんコメントが注目される場面が出てくることだろう。ゆっくり成長を見守りつつ応援してやりたい。2017/04/27

guanben

0
筆者は北京大学在学中から言論活動を始めた「中国で最も有名な日本人のひとり」。若くして成功した人の本は自慢話に陥るケースが多いのだが、この本もやはり自慢話。活動自体は素晴らしいのだが。2015/09/12

aimiya121

0
困難の歴史。何冊も彼の本を読んできたが、特に苦労が書かれていた。金銭的な問題ではない。中国寄りの発言をすれば日本人に嫌われ、日本人寄りの発言をすれば命すら狙われてしまうという、どっちにしても前提が圧倒的に不利であるという問題。彼は、日中関係がどんどん悪化している時期に、中国に住み、中国語で発信していた。すごいとしか言いようがない。これでいいいのだ!というシンプルな答えが全く書かれていない。常に葛藤している。微力。だけど全てはその積み重ね。年齢もそんなに変わらない人がこんなに頑張っている。本当に凄い。2015/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8322716

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。