犀の教室 Liberal Arts Lab<br> 「文明の衝突」はなぜ起きたのか―対立の煽動がテロの連鎖を生む

個数:
  • ポイントキャンペーン

犀の教室 Liberal Arts Lab
「文明の衝突」はなぜ起きたのか―対立の煽動がテロの連鎖を生む

  • 薬師院 仁志【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 晶文社(2017/01発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月24日 10時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794968289
  • NDC分類 319
  • Cコード C0095

内容説明

9.11、シャルリー・エブド事件、パリ同時多発テロ…21世紀の世界が直面する困難は、しばしば「文明の衝突」と形容される。だが、はたしてほんとうに文明は「衝突」しているのか?誤った歴史認識や煽動のおかげで、対立が激化させられているのではないか?闘争と葛藤が繰り返されてきたヨーロッパ・中東の歴史的経緯を振り返りつつ、世界の緊張を解くための処方箋をさぐる長編論考。多様な文化や言語、宗教が存在する世界で共存していくために、いまわれわれが直視すべき現実がここに。

目次

第1章 イスラム教成立小史
第2章 新しい過激派組織イスラム国(IS)
第3章 二一世紀でなぜテロ事件は多発するのか
第4章 ヨーロッパの近代化がもたらした戦乱
第5章 混迷する中東・北アフリカ情勢
第6章 近代の過ちはどこにあったのか
第7章 移民をめぐる状況
第8章 どこにアイデンティティーを求めるか
第9章 偶然の歴史の必然的な結果として

著者等紹介

薬師院仁志[ヤクシインヒトシ]
1961年大阪市生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程中退(教育社会学)。京都大学教育学部助手を経て、帝塚山学院大学教授(社会学)。主な専攻分野は、社会学理論、現代社会論、民主主義研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

われわれを隔てる壁は何によって築かれているのか? テロの時代を終わらせるために知る、ヨーロッパ・中東の近現代史の真実9.11、シャルリー・エブド事件、パリ同時多発テロ……21世紀の世界が直面する困難は、しばしば「文明の衝突」と形容される。だが、はたしてほんとうに文明は「衝突」しているのか? 誤った歴史認識や煽動のおかげで、対立が激化させられているのではないか? 真の意味での「テロとの闘い」とは、格差との闘いであり、不平等の連鎖との闘いである! 対立を乗り越えるために知る、ヨーロッパ・中東の近現代史の真実。

第一章 イスラム教成立小史
第二章 新しい過激派組織イスラム国
第三章 二一世紀でなぜテロ事件は多発するのか
第四章 ヨーロッパの近代化がもたらした戦乱
第五章 混迷する中東・北アフリカ情勢
第六章 近代の過ちはどこにあったのか
第七章 移民をめぐる状況
第八章 どこにアイデンティティーを求めるか
第九章 偶然の歴史の必然的な結果として


薬師院仁志[ヤクシインヒトシ]
1961年大阪市生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程中退(教育社会学)。京都大学教育学部助手を経て現在帝塚山学院大学教授(社会学)。主な専攻分野は、社会学理論、現代社会論、民主主義研究。主な著書に『禁断の思考:社会学という非常識な世界』(八千代出版)、『民主主義という錯覚』(PHP研究所)、『社会主義の誤解を解く』『日本語の宿命』『日本とフランス 二つの民主主義』(以上、光文社新書)、『政治家・橋下徹に成果なし。』(牧野出版)、『ブラック・デモクラシー』(共著、晶文社)など。