私にも言いたいことがあります!―生徒の「声」をいかす授業づくり

個数:
  • ポイントキャンペーン

私にも言いたいことがあります!―生徒の「声」をいかす授業づくり

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月23日 21時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 333p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794811752
  • NDC分類 375.1
  • Cコード C0037

内容説明

講義型の授業から「ともにつくる」授業へ!誰もが「声を出す」「選択する」ことが可能になる多種多様な「トーク活動」。

目次

第1章 「声」を出すのは学びの基本―あなたの教室では生徒の「声」が飛び交っていますか?
第2章 教室のすべての「声」に耳を傾けて―あなたの教室ではどんな声が聞こえてきますか?
第3章 生徒の「声」で大切な仲間づくり―あなたのクラスでは、生徒の「声」をいかしていますか?
第4章 自分の思いを「声」にして―あなたの生徒は自分自身を語ることができますか?
第5章 読むことが「声」を生む―あなたは読書をどのように扱っていますか?
第6章 ドラマを演じれば「声」が明確になる―あなたはロールプレイの力を知っていますか?
第7章 自分の「声」に耳を傾けて―あなたの生徒は伝えあっていますか?
第8章 「声」が生みだす新たな世界―あなたの生徒は創作活動に夢中ですか?
第9章 ICTが「声」を広げる―あなたは学びの可能性を広げることができますか?
第10章 生徒の「声」は評価そのもの―あなたは生徒の「声」を授業づくり、学級・学校づくりにいかしていますか?

著者等紹介

ブース,デイヴィッド[ブース,デイヴィッド] [Booth,David]
1938~2018。トロント大学オンタリオ教育研究所のカリキュラム・教育・学習分野の名誉教授。教師、コンサルタント、教授として教育に携わる。言語、リテラシー、ドラマ教育を専門として、著書多数

飯村寧史[イイムラヤスシ]
仙台市公立中学校教員。在職派遣研修で上越教育大学教職大学院に在学中、生徒主体の学習、学校業務の可視化について研究。同時期に、海外の教育実践に興味をもつ。現在、国語科の授業で海外の実践を取り入れながら生徒主体の学習に挑戦中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

こいワい

0
「声」を聞いてしっかりと反応できる人は少ない。大切にしていきたい。2021/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17363727

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。