脱原子力 明るい未来のエネルギー―ドイツ脱原発倫理委員会メンバーミランダ・シュラーズさんと考える「日本の進むべき道筋」

個数:
  • ポイントキャンペーン

脱原子力 明るい未来のエネルギー―ドイツ脱原発倫理委員会メンバーミランダ・シュラーズさんと考える「日本の進むべき道筋」

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2020年08月13日 15時48分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794811462
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C0036

内容説明

福島市・郡山市・東京、訪日イベントの全記録。各種イベント(講演会、トークセッション、福島の高校生や市民、農家の方々、そして専門家、国会議員との交流やディスカッション)を記録、編集。

目次

序章 ミランダ・シュラーズさんとドイツ脱原発倫理委員会
第1章 ミランダ・シュラーズさん来日講演(東京)
第2章 被害地福島の再生に取り組む人々と語り合う(郡山市)
第3章 ミランダさんと福島の高校生が語るエネルギーの未来(福島市)
第4章 立憲民主党エネルギー調査会での講演と質疑応答(東京)
終章 日本の進むべき道筋―ミランダさんを囲んでのトークセッション(東京)

著者等紹介

折原利男[オリハラトシオ]
1950年埼玉県生まれ。東北大学工学部、早稲田大学第一文学部卒業。元埼玉県立高校教諭(国語)。現在、看護専門学校講師。文芸同人誌『AMAZON』(創刊1962年)に小説、評論、ドキュメンタリーなどを執筆する一方、同誌編集委員。筆名:森沢周行。小説「瓦礫のなかから」が第7回神戸エルマール文学賞、次点、佳作賞(2013年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。