黄昏の夜明け―光速度社会の両義的現実と人類史の「今」

個数:

黄昏の夜明け―光速度社会の両義的現実と人類史の「今」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月04日 11時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794811264
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0036

内容説明

時代の最先端で闘い続けたヴィリリオの思想的歩み、その到達点。「速度の政治経済学」の提唱を通じ、人類社会の光と闇の実体に迫る。「私たちの今」と「生きる身体」の解放のために。

目次

序 時間爆弾(戦時;時間に対する戦い)
1 時間バンカー(考古学;速度学)
2 遺伝子爆弾(優生学;科学の事故)
結 黄昏の夜明け

著者等紹介

ヴィリリオ,ポール[ヴィリリオ,ポール] [Virilio,Paul]
1932年パリ生まれ、2018年9月没。思想家、芸術家、建築家、都市計画専門家、建築専門校(ESA)教授・学長、出版編集者、社会活動家

土屋進[ツチヤススム]
大学非常勤講師。現代社会、文化、思想に幅広い関心を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

保山ひャン

1
セミオテクストのシルヴェール・ロトランジェを聞き手に、ポール・ヴィリリオが建築からアート、現代思想に至るまで、自らの歩みをたどっていくインタビュー。ヴィリリオは2018年に亡くなったが、この本は2002年に原書が出版されている。速度学(ドロモロジー)以降のヴィリリオはよく翻訳を読んでいたが、建築時代のことはほとんど知らなかったので面白かった。「斜め空間機能(フォンクシオン・オブリック)」など、フラフラよろけながらでないと歩けない我が部屋のことが頭に浮かんで離れなかった。2020/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13888708
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。