現代社会用語集

個数:
  • ポイントキャンペーン

現代社会用語集

  • 入江 公康【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 新評論(2018/02発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 34pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 19時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794810700
  • NDC分類 304
  • Cコード C0030

出版社内容情報

148のキーワードを手に、思考の冒険に出かけよう!
1万人以上の学生を魅了してきた社会学の超人気講義、待望の書籍化。
「近代」「国家」「法」などの始源語から、
「インフラ」「新自由主義」「ポストフォーディズム」など時事的タームまで、
現代社会の読解に必須の用語が満載!
著者自筆の年表やコメント付きブックリスト、
おトクな名著引用集など付録も充実。

入江公康[イリエキミヤス]
著・文・その他

内容説明

148のキーワードを手に思考の冒険にでかけよう。超人気講義ついに書籍化!巻末付録:関連年表・コメント付きブックリスト・名著引用集。

目次

ことば
ひと
出来事
シネマ

著者等紹介

入江公康[イリエキミヤス]
1967年生まれ。早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程後期単位取得退学。東洋大学、文教大学、立教大学などにて非常勤講師。専攻は社会学・社会思想史・労働運動史・労働者文化論・生命倫理など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ぷほは

4
最近こういう装丁のインスタ映えを狙った本が出てきているので、硬派な部類の左翼系思想家の本がコンビニエンスにパッケージされることで、例えば就活に疲れた偏差値ギリ50台くらいの大学生がふと立ち寄った本屋で、小さいし薄いし絵もいっぱいあるしちょうどいいか、という感じでSPI対策本とかと一緒に買って電車の中で読んだ結果、リクルートスーツを脱ぎ捨てて「そうか、俺は資本家に搾取されとったんや。これからは革命やでぇ!」みたいなノリになる可能性もゼロではないだろう。それで「社会の外」に出たことになるかどうかは知らないが。2018/03/10

hiratax

1
学習参考書っぽい体裁で、書かれていることはまったくの別世界。こういう異なるものとの出会いは重要では。2018/06/24

やまうち

0
☆122019/06/06

Lieu

0
社会学のコーナーで売っているが、普通の社会学の専門用語辞典ではない。著者の思想がかなり前に出ている。私はノンポリなので、ファシズムと現代の関係など、本当にそこまでいえるかな、と時折思いつつ読んだ。だが「コミュニズム」と並んで「詩人」「統合失調症」などの事項も立てられ、ハイネの詩も出てきたり、体裁や文章もセンスがあるし、読み物として面白い。2019/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11889771

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。