菜食への疑問に答える13章―生き方が変わる、生き方を変える

個数:

菜食への疑問に答える13章―生き方が変わる、生き方を変える

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月24日 19時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 328p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794810588
  • NDC分類 498.58
  • Cコード C0036

出版社内容情報

「植物なら食べてもいいの?」「食の楽しみは?」「動物も他の動物を食べるけど?」――菜食という習慣には多くの疑問が寄せられる。けれどもそれに対する回答をしっかり聞いたことのある人は、おそらくそれほどいないのではなかろうか。
 実は、非菜食の人が発するこうした何気ない問いは、倫理にかなった生き方を考える上で、とても大事な問題提起になる。菜食を志す人の中には、健康を気にしてこの生活スタイルを選ぶ立場の他に、動物への思いやりからそうするという立場がある。後者の人々は、動物製品の消費が動物への暴力を後押しすることに気付いて、肉・乳・卵その他を生活の場から一掃しようと考える。かれらは動物をいたわる思いを突き詰めた結果、菜食という選択に行き着いた次第で、その根底には倫理的関心がある。動物製品の消費を当たり前の習慣として受け入れている私たちは、そんな思考を不思議に、奇妙に、時には偽善的にさえ感じ、色々な質問をしてみたい気になる。倫理観にもとづいて行動を変えようと決心した人と、それに首をかしげて問いを発する人、両者が論を交わせば、人の正しい生き方をめぐる有益な対話が生まれうる。
 本書は菜食の実践者に寄せられる典型的な質問群を取り上げ、人の自然な感覚や良心にもとづく回答を示すことで、菜食への理解を促すと同時に、それを出発点とした倫理的な生のあり方を探求する。人間が他の動物を食べるのは正当なのか不当なのか。筋の通った暮らしとはどんなものなのか。菜食問答は食の次元から私たちの日常を問い直し、人ならぬ生命をも視野に入れた新しい道徳の地平を切りひらく。本書が人と他の動物にとってよりよい社会をつくる一助になれば幸いである。(いのうえ・たいち 翻訳家)

シェリー・F・コーブ[シェリーエフコーブ]
Sherry F. COLB コーネル大学法学院教授。動物の権利、証拠法、刑事訴訟法などを担当。コロンビア大学、ハーバード大学法学院を卒業し、最高裁判事ハリー・A・ブラックマンの助手を務める。著書に『性が問題になる時―子供をつくる、法律をつくる』がある。

井上太一[イノウエタイチ]
翻訳家

内容説明

健康はどうするの?お乳や卵はいいんじゃない?動物も他の動物を食べるけど?菜食への問いから始まる知的冒険。食生活の次元から非暴力の意味を考える。

目次

植物なら食べてもいいの?
食の楽しみは?
健康はどうするの?
お乳や卵はいいんじゃない?
チーズバーガー、注文してもいいかな?
どうせ動物はもう死んでいるでしょ?
中絶にも反対とか?
動物も他の動物を食べるけど?
神さまは人間を他の動物よりも上に置いてくれたのでは?
でも伝統民族だって動物を食べるよね?
「人道的」に育てられた動物ならどう?
みんなが菜食人になったら、農場の動物たちはいなくなっちゃうんじゃない?
完璧な菜食人にはなれないんだから、こだわらなくてもいいんじゃない?

著者等紹介

コーブ,シェリー・F.[コーブ,シェリーF.] [Colb,Sherry F.]
コーネル大学法学院の法学教授。コロンビア大学、ハーバード大学法学院を卒業し、最高裁判事ハリー・A・ブラックマンの助手を務める。米・ラトガース大学、ペンシルベニア大学、コロンビア大学の各法学院で講師・客員教授を務めた後、現職。動物の権利、男女の平等、証拠法、刑事訴訟法を担当する。ニューヨーク州イサカに在住

井上太一[イノウエタイチ]
翻訳家。上智大学外国語学部英語学科卒業。国内の動植物倫理、環境倫理を前進させるべく翻訳に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

蛇の婿

15
駄目だこりゃ。やっぱり自分勝手な理屈だわ。この本を読んでますますヴィーガンが嫌いになれました。ありがとう。とりあえず人間の需要を満たすために必要な量の野菜は農薬を使用しないと不可能なので昆虫を殺すことになります。だからヴィーガンは満足な栄養を取ろうなどと考えることがまずちゃんちゃらおかしい。自分の理想に準じてその辺の雑草食ってたらいいんじゃないかな。あと人間は発展の過程で農耕と牧畜により食料を増産して発展したわけで、どちらも家畜の利用があって初めて発展できたものだからね?是も非もないのよ今更。2019/06/28

K

1
ビーガンに対して疑問に思っていたことに対しても丁寧に答えが書かれていて、菜食をするにあたっての不安は消えた。特にタンパク質不足が気になったが、ソイプロテインで補えばどうにかなるし、他の足りない栄養素もサプリで補うのは菜食関係ないしね。ただ、嫌いな野菜が多いから、少しずつ動物性食品を減らして植物性食品を増やしていく。動物たちには申し訳ないけど…2021/05/20

pypymdk

1
図書館で借りたがとても内容が良かったので、購入しました。 内容も濃く、ヴィーガンへの理解を深めたい人におすすめの本です。2021/04/29

Votoms

1
菜食に対して浴びせられる典型的な質問に関して、合理的な説明をしていくスタイルの本。対立する見解に対して真剣に受け止め、平明ではあるが論理一貫した説明をしていると思う。個人的に中絶と動物倫理に関する議論に関しては参考になる部分が多く感じた。「チーズバーガーを頼んでもいいかな?」という章については、そもそもそういう風に聞かれる以前にVeganであることを他者に明らかにするのが躊躇われるような場面の方が多い気がするので実感があまりなかったが、他の章に関しては共感できたり、納得できる部分が多かったように思う。2017/07/05

saki

0
疑問に思っていたことを理路整然と説明してくれた。菜食をはじめる人にぴったりだと思う。2020/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11272791

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。