スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む―日本の大学生は何を感じたのか

個数:

スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む―日本の大学生は何を感じたのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 01時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 194p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794810564
  • NDC分類 375.9
  • Cコード C0037

出版社内容情報

2016年7月の参議院議員選挙は、投票年齢が18歳に引き下げられた初の国政選挙ということで、若者の政治意識に大きな社会的関心が寄せられました。その結果、10代の投票率は46.8%と、全体の投票率(54.7%)に比べてもまずまずと言えますが、騒がれたわりには低い投票率であったことに危機感を覚えた人も多いことでしょう。
 かたや北欧のスウェーデンの選挙においては、全体の投票率は85.8%、若者(30歳未満)の投票率も81.3%に達しています。この彼我の差はいったい何なのでしょうか。スウェーデンの小学校で使われている社会科の教科書には、それを考えるヒントがたくさん書かれています。
 例えば、「社会には法律や規則があって、私たちはそれに従わなければならない」という当たり前のことに続いて、「しかし、すべての社会は変化するので、法律や規則は変わるものであり、自分がそれを変えたいと思えば、そのように努力すべきである」と書かれているのです。
 また「メディア」の章では、メディアは他人の情報を得るための道具としてよりも、人々が自らの情報を発信するための道具、すなわち「民主制の道具」であると述べます。一例を挙げると、学校のカフェや遊び場が閉鎖されそうになれば、メディアを利用して賛同者を集め、地元新聞に投書し、政治家に会い、デモによって意思表示をするように促しているのです。
 こうした内容について、「それはすごい!」とか「いや、行き過ぎでしょう」と、様々な意見が出てくることでしょう。それでは、日本の若者たちはこれを読んだ時、どのように思うのでしょうか? 本書では、編訳者が所属している明治大学のゼミ生たちの感想も紹介しています。スウェーデンの教科書に対する彼らのコメントから、今を生きる日本の若者の政治や社会に対する意識が垣間見えてきます。さて、あなたは……。

ヨーラン・スバネリッド[ヨーラン スバネリッド]
ヨーラン・スバネリッド 1987年よりストックホルムで大学講師として教員養成に携わり、多くの教科書を執筆している。スウェーデンの教育界における第一人者であり、2011年におけるスウェーデンの教育指導要領の改訂(LGR11)では、社会科部門を担当した。近年では、基礎学校の教育目標として、分析力・コミュニケーション能力・情報処理能力・概念理解力・メタ認知能力の五つの能力を身に着けるべき必要性を唱え、これを「ビッグ・ファイブ」と名付けている。社会科のみならず、スウェーデンの基礎教育のあり方に大きな影響を与えている。

鈴木賢志+明治大学国際日本学部鈴木ゼミ[スズキケンジ]
編訳者・鈴木賢志 1968年東京生まれ。専門は政治社会学。日本、イギリスの大学を経て1997年から10年間、ストックホルム商科大学欧州日本研究所で研究・教育に従事。2008年に帰国し、明治大学国際日本学部教授。近著に『日本の若者は希望をなぜ持てないのか』(草思社)がある。

内容説明

投票率85.8%の国では、小学生に何を教えているのか。スウェーデンの社会科の教科書に書かれてある内容、あなたの感想は?

目次

第1章 社会
第2章 メディア
第3章 個人と集団
第4章 経済
第5章 政治
第6章 法律と権利

著者等紹介

スバネリッド,ヨーラン[スバネリッド,ヨーラン] [Svanelid,G¨oran]
1987年よりストックホルムで大学講師として教員養成に携わり、多くの教科書を執筆している。スウェーデンの教育界における第一人者であり、2011年におけるスウェーデンの教育指導要領の改訂(LGR11)では社会科部門を担当した

鈴木賢志[スズキケンジ]
1968年、東京都生まれ。明治大学国際日本学部教授。政治・国際研究博士(PhD)。1992年に東京大学を卒業し、株式会社富士総合研究所(現みずほ情報総研)に勤務後、英国ロンドン大学に留学。その後、英国ウォーリック大学を経て、1997年から2007年までスウェーデン、ストックホルム商科大学欧州日本研究所で研究・教育に従事。2007年から2008年にかけて英国オックスフォード大学客員研究員を経て帰国し現職。2015年より一般社団法人スウェーデン社会研究所の代表理事・所長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えちぜんや よーた

89
自分の頭で考えてアウトプッットをすることの重要性。ただし考えてアウトプットすることはそれなりのインプット(本を読むこと)が必要である。この本を読んでて非情に残念なことは大学生の読書量が全く足りてないこと。厳しい言い方だが「経済って選択することなんだ! 」とびっくりしていること記述があるがそのセリフを聞いて落胆した。そんなことは一般教養課程のミクロ経済学のしょっぱなで紹介されている。もっと自発的に本を読まないと卒業できないような体制にしないと。私立大学といっても国費(私学助成金)が入っているんだから。2017/11/11

けんとまん1007

49
両国の違いが、とても分かりやすく書かれていて、納得。知識を与えるのと、考えさせることの違い。知らせず守るのと、知らせて考えさせてフォローすることの違い。子供と小さなオトナとの違い。これが、大きな違いになり、大学生でも未熟なままが多くなる要因。それが、今のこの国の閉塞感・短期的思考・一過性につながるのだと思う。それを変えるために、何ができるのか?を考えたい。2020/09/11

kayak-gohan

19
本書はスウェーデンの小学校社会科の授業で実際に使われている教科書を日本の大学生がゼミテーマとして研究し、お互いに感じたことを述べ合い日本との差異を考えるというもの。学生たちはスウェーデンの社会・経済・メディア・法律などの各分野で実態に踏み込んだ記述に驚き、さらに自分なりの答えを具体的に考えさせるというおおよそ日本の教科書では考えられない構成にカルチャーショックを受けている様子が面白い。スウェーデン教科書と日本のそれとの大きな違いは、自分の考えをしっかり持って表明できる「自立した人間」を志向しているところ。2021/12/17

樋口佳之

14
卵と鶏の話になってしまうのですが、紹介されている教科書の内容にはやっぱり驚くし、うらやましい限り。2017/01/29

yu@ka

13
スウェーデンの小学4~6年の社会の教科書の紹介。各章ごとに「教科書内容+日本の大学生達の感想+訳者の言葉」で構成される。体罰、貧困、離婚、難民や独裁国家まで、日本では取り扱わないであろうテーマについて小学生自身に考えさせる。「ない」ことが望ましいと子供から遠ざけるのではなく「ある」としながらも決してネガティブにとらえない。「困ったね」ではなくその先を考えさせる教育に、親でもある自分自身もドキッとさせられた。子供を社会の一員として扱うというスウェーデン社会の特徴がよくわかり興味深かった。2018/12/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11266940

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。