外食国際化のダイナミズム―新しい「越境のかたち」

個数:

外食国際化のダイナミズム―新しい「越境のかたち」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 17時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794810267
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0033

出版社内容情報

近年、海外に進出する外食店が急増している。大手チェーンだけでなく、まだ国内に一、二店舗しかない近所のラーメン店も、香港やシンガポールに店を出す時代になっている。
 筆者の調査によると、戦後の外食業の海外進出は、二〇一四年末までで何と一四〇〇件以上にも達する。驚くべきことは、その半数近くが、二〇一〇~一四年までの五年間の進出であったことだ。今まさに、空前の海外進出ブームが起きているといえよう。
 進出先は、七割以上がアジア地域である。最近では、カンボジアやミャンマー、ラオスへの進出も見られる。業種を見ると、ラーメン店がトップで、居酒屋・定食屋・和食店がそれに続いている。うどん店や焼肉店も増えている。他方、伝統的な高級日本料理店の進出は減少している。今、海外では「大衆的な和食」が人気となっているのである。
 このような外食業の国際化は、小零細企業が多いことが特徴となっており、その点が製造業による進出とは異なる。外食産業においては、肩肘張らずに、気軽に海外の消費者を相手に商売ができる時代になったのである。
 では、なぜ資金も人材も制限された外食業が海外に進出できるのであろうか。その秘密は、海外でのサポーティング・インダストリー(支援産業)の増大と、フランチャイジングという進出手法の普及にある。その結果、個人経営のラーメン店が容易に海外に出店できる状況が生まれている。これは、まさに「新しい越境のかたち」の出現に他ならない。
 本書は、海外に進出した多くの外食企業のヒヤリング調査を通して、国際化の現場で生じている大きな変化を明らかにし、それが有する可能性と課題を検討したものである。(かわばた・もとお)

【著者紹介】
1956年生まれ。関西学院大学商学部教授。博士(経済学)。専門は国際流通論。『アジア市場を拓く』(アジア太平洋賞特別賞)、『日本企業の国際フランチャイジング』(日本商業学会賞優秀賞)、『小売業の海外進出と戦略』(日本商業学会賞奨励賞)など。

内容説明

成長・発展の舞台は、世界マーケット。空前とも言える外食業の「海外進出の実態」を、精緻な調査で分析・解明!

目次

序章 急増する外食業の海外進出とその研究課題
第1章 わが国の外食業における海外進出史
第2章 食文化問題から見た外食国際化
第3章 海外での成長を支える三つの鍵
第4章 外食国際化に果たすサポーティング・インダストリーの役割
第5章 海外進出の急増と国際フランチャイジングの拡大
第6章 アジア系外食企業との競争と協調
終章 「オネスト・チェーン」で国境を越える

著者等紹介

川端基夫[カワバタモトオ]
1956年生まれ。大阪市立大学大学院修了。博士(経済学)(大阪市立大学)。関西学院大学商学部教授。著書『アジア市場を拓く』(新評論、2011年、第24回アジア・太平洋賞)『日本企業の国際フランチャイジング』(新評論、2010年、日本商業学会賞)『立地ウォーズ』(新評論、2008年、人文地理学会賞)『小売業の海外進出と戦略』(新評論、2000年、日本商業学会賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らい

2
海外進出の理論や現状、成否の要因がヒヤリングやこれまでの知見を通してとてもわかりやすく書かれていた。知りたかった情報満載で満足の一冊でした。2017/11/16

Sonic

0
海外で外食を考える場合は参考にしたら良いです。事業の構成要素や成功失敗事例が豊富に記載あります。できれば最新版も出して欲しいです。2021/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10130317

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。