地域診断法―鳥の目、虫の目、科学の目

個数:

地域診断法―鳥の目、虫の目、科学の目

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月19日 11時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 248p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784794808905
  • NDC分類 318.6
  • Cコード C0036

内容説明

地域活性化・まちづくり活動のバイブル誕生。三つの目で、地域を構成する要素を総合的に捉えて「診断」。「近江環人地域再生学座」人気No1の授業、待望のテキスト化。

目次

序章 オリエンテーション
第1章 俯瞰的に湖国を診断する―鳥の目、虫の目、科学の目
第2章 エコロジカルプランニングの手法による地域診断
第3章 地域診断の実践方法
第4章 滋賀県の地形、推計の特性把握と地域診断
第5章 滋賀県の気候特性と地域診断
第6章 滋賀県の動植物の特性と地域診断
第7章 滋賀県(近江)の歴史特性
第8章 滋賀県の経済・産業動態の特性把握と地域診断
第9章 滋賀県の安全・防災上の特性把握と地域診断

著者等紹介

鵜飼修[ウカイオサム]
1969年東京都大田区生まれ。日本大学大学院理工学研究科建築学専攻修了。大成建設(株)にて意匠設計、ランドスケープデザイン、まちづくりの業務に従事後、2006年11月から滋賀県立大学へ。環境に配慮したまちづくりの担い手(コミュニティ・アーキテクト(近江環人))育成プログラム「近江環人地域再生学座」を担当。専門は環境共生まちづくり、コミュニティ・ビジネス。「地球環境と共に生きる人間社会のあり方」「コミュニティによる地域再生・地域創造」をテーマに教育・研究・まちづくり活動を実施(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「三つの目」で、地域を構成する多様な要素を総合的に捉えて「診断」する斬新な手法。まちづくりの指針に役立つ実践書。

近年我が国における地域づくり、まちづくりは多種多様な展開をみせている。しかしながら、地域のあるべき方向をどのように捉えればよいのかと問われると、簡単に答えを見出すことはできない。本書は、そのような時に役立つように、地域づくり・まちづくりの方向性の「見方」「捉え方」を簡潔に紹介したものである。本書は2006年より滋賀県立大学大学院に開講された、まちづくりの担い手育成講座「近江環人地域再生学座」の科目「地域診断法特論」のテキストの内容をもとにまとめたものである。近江環人地域再生学座は、環境先進県である滋賀県の地域特性を活かし、環境に配慮した循環型のまちづくりをコーディネートする人財(コミュニティ・アーキテクト=近江環人)を育成する講座である。大学院生と社会人が、1年間にわたりまちづくりの実践的なノウハウを共に学び合うもので、受講生の関心が最も高い講座のひとつである。本書ではこの講座の内容をもとに、副題にあるように「鳥の目、虫の目、科学の目(=俯瞰、住民目線、客観性)」の三つの視点を併せ持った総合的な地域の診断方法を提示している。対象地域の本質的な特性を見抜く手法として「エコロジカル・プランニング」を導入し、地域を構成する様々な側面(レイヤ)―地形、生態系、気象、経済、歴史、防災対策など―を読み解くための基本知識を紹介するとともに、その読解の実践例として滋賀県での取り組みを解説する。具体例は滋賀県ではあるが、本書で紹介する地域診断の手法は全国、全世界で実践可能なものである。近年の災害を通じて、我々は今あらためて「なぜその地域に住むのか」「本来はどこに住むべきなのか」を問われているように思う。本書に記した手法を各地のまちづくりに応用することで、本来あるべき地域の姿、暮らしの姿を見つめ直すきっかけとしていただければ幸いである。(編者 鵜飼 修)