銀座の画廊巡り―美術教育と街づくり

個数:
  • ポイントキャンペーン

銀座の画廊巡り―美術教育と街づくり

  • 野呂 洋子【著】
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 新評論(2011/10発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 48pt
  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 281p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794808820
  • NDC分類 720.69
  • Cコード C0070

出版社内容情報

「無料の美術館」=画廊を味わい尽くす格好のガイド!
処女作『銀座の画廊経営』(ファーストプレス、2008年)では、銀座の画廊がどのような商売をしているのかを主題にしましたが、今回の本では、私が2009年より行っている「銀座の画廊巡り」がどのような活動かを紹介しています。美術館にはおおぜいの方が行かれるにもかかわらず、「無料の美術館」である画廊には、敷居が高いのか一般のお客さまがあまり来られません。閉鎖的と言われている銀座の画廊に、より多くの方々に足を運んでいただき、銀座にかつて以上の賑わいが戻ってくることを願って本書を著しました。
 もちろん、絵画を購入してもらうことも活動の目的としています。というのも、非日常であった美術の世界を日常の中に取り込むことで文化的な生活を取り戻すことができるということも、広く提案していきたいと考えているからです。日本人にとってもともと芸術や文化は身近なものであり、趣味や嗜好にこだわりをもって生きていくことを誉れとしてきたわけですが、戦後数十年間にわたって進められた教育によって経済優先の生活に変わってしまいました。震災を経て、かつての文化的な生活を取り戻す必要をますます痛感しています。
 これまで小学生からお年寄りまで幅広い年齢層の方々を対象として行ってきた「銀座の画廊巡り」を紹介することで、魅力的な日本文化の最先端を知っていただき、近年おろそかになっている美術教育の一助になればと願っています。また、世界中から愛される日本の魅力を、銀座の画廊のこだわりとともに伝えることができれば幸いです。本書を読むことで、多くの方々が「銀座の街」を楽しみ、ぶらぶらと「銀座の画廊」を巡っていただけることを期待しています。(著者 野呂 洋子)

内容説明

銀座をアジアのパリにしよう!無料の美術館である画廊の「こだわり」とは。

目次

第1章 今、美術界で何が起こっているのか
第2章 美術教育を考える
第3章 ビジネスマンやお年寄りに美術教育を
第4章 銀座の画廊巡り
第5章 銀座の街づくり
第6章 海外のアート事情
第7章 日本を文化大国に

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

むちれお

0
銀座柳画廊の副社長である著者が、日本の美術界の問題点などについて書いている。とても興味深く読めたな。美術を普及したいという思いがひしひしと伝わってくるね。理系女で、一流企業のサラリーマンだったこともあり、企業経営や経済についても明るい人なんだろうと思った。2014/05/18

Mana

0
画廊をもっと身近なものにしたいという気持ちが伝わってくる本。著者の取り組みや地方のアートイベントなどが紹介されている。海外のアートの現状なども解説されていて内容が充実している。読んでると日本の文化事業の遅れが悲しくなってくる。2012/01/19

KzBourree

0
銀座の画廊はまさに美術館歩きのようですね。著者の思う画廊ビジネスは、日本の美術を愛して、子どもたちに触れ合わせ、未来を作ってゆく、とても興味深いビジネスだと理解しました。2011/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4119957

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。