解体新書「捕鯨論争」

個数:

解体新書「捕鯨論争」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 01時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 321p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794808707
  • NDC分類 664.9
  • Cコード C0036

出版社内容情報

「捕鯨推進VS反捕鯨」の対立図式では論争の真実には迫れない。中立的・批判的検証を通して編まれた“捕鯨問題の総合知”!
「真実が靴を履く間に、嘘は地球を半周する」これはマーク・トウェインによる箴言である。そして、捕鯨問題ほど、この箴言が当てはまるものはない。捕鯨問題に関する報道や書籍、インターネット上の情報はほとんどすべてと言っていいほど、「捕鯨推進VS反捕鯨」という対立図式で描かれている。そのどちらの立場にも与せずに真実を知ろうとすると、大きな壁が立ちはだかる。だからこそ、批判作業を通してタテマエを崩し、ホンネを探ることによってのみ、捕鯨論争の真実に迫ることができるのである。それを実践したのが本書である。本書は反捕鯨・捕鯨推進、そのどちらにも与しない中立的な立場をとり、日本の捕鯨問題にかかわっている主要な組織すべてを検証した。検証の内容も、鯨類科学から、反捕鯨運動、新聞報道、国際政治、日本の捕鯨外交に至るまで多岐にわたっており、捕鯨問題の総合知をめざした検証を展開していることが本書の特徴となっている。タテマエをあばき、ホンネに迫るという意味では、本書のスタンスは市民オンブズマンの活動と共通点が非常に多い。両者ともに批判的検証を通じてタテマエを崩し、ホンネ=実態に即して事象を腑分けする作業を行っていると言える。こうした検証型の研究を「オンブズマン型研究」と名づけたいと思う。本書では、反捕鯨国を含めた諸外国に対する批判は行っていない。そうした批判のためには大規模な国際的調査研究チームを組織しなければならず、紙幅にも限りがあるからである。しかし、結果として反捕鯨国を批判していないという事実によって、本書が「反捕鯨本」というレッテルを貼られる可能性は否定できない。それでも私は、この本を手にとって下さったみなさんが、本書を貫いている検証の姿勢を理解し、安易なレッテル貼りをすることなく、個々に問題を判断していただけるものと確信している。(編著者 石井 敦)

内容説明

「賛成」「反対」はもうやめよう!捕鯨問題の本質から解決策までを独立の視点で探求した初めての論考。

目次

第1章 捕鯨問題の「見取り図」
第2章 捕鯨問題の国際政治史
第3章 「調査捕鯨」は本当に科学か?
第4章 マスメディア報道が伝える「捕鯨物語」
第5章 グリーンピースの実相―その経験論的評価と批判
第6章 日本の捕鯨外交を検証する

著者等紹介

石井敦[イシイアツシ]
東北大学東北アジア研究センター准教授。筑波大学大学院経営・政策科学研究科修士課程修了(経済学修士)、同大大学院社会工学研究科中途退学。国立環境研究所アシスタントフェローを経て、2004年10月より現職。専門は国際関係論・科学技術社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

秋 眉雄

11
反捕鯨派は個人であれ団体であれ、ある意味水産庁が調査捕鯨を続けるためのガソリンになってしまっているのが現状と言えそうです。その現状が今後、反捕鯨派対捕鯨推進派という単純な二極対立から反・調査捕鯨派、調査捕鯨推進派、沿岸捕鯨推進派、或いは反対派などのようにどんどんと細分化されていくだろうことを予感させる、非常に冷静な一冊だと思いました。2017/09/14

g_eiru

4
子供の頃はシーシェパードの船が日本の捕鯨船をどつく映像を見るなどしてナショナリズム的な義憤を覚えたりもしていたのですが、日本もまあ無茶苦茶やってるな、という感想 生態系の頂点にいる種を不用意に弄るべきでない、という本を読んだ後に読んだからかもしれませんが、日本の捕鯨に対する姿勢は無責任だと感じる2020/06/12

左手爆弾

4
情報量が多いので、重要な論旨のみをまとめる。①日本は国際会議の場で、ほとんど捕鯨問題の進展のための努力をはらっていない。②鯨は広大な領域を海遊するので、国際的な取り決めが必要不可欠。個体数についてのデータも重層的に読む必要がある。③鯨は小魚等と違って、資源の「弾力性」がない。獲りすぎると一気に絶滅に近づく恐れがある。④鯨を殺さず、それでいてよりいっそう科学的なデータをとることができるのに、あえて調査捕鯨にこだわる必要はない。⑤捕鯨賛成に見える人のほとんどは、実のところ「反反捕鯨」に過ぎない。2016/03/16

tama_lion

3
食文化論や害獣論のような手垢のついたプロパガンダ以外の日本語での捕鯨論考はほんと貴重。グリーンピースの内情のとこは内容的にも文体的にもちょっと浮いてたけど。結局、持続可能な形に生まれ変わらせる気概もないままオワコンをダラダラ延命させることに躍起になってて、ほんとの伝統ある地域での沿岸捕鯨はその割りを食ってるという醜態なんだよね。調査捕鯨の違法判決はざまあでした。2014/12/02

サメ社会学者Ricky

3
シーシェパードへの憤りをきっかけに学び始めた捕鯨問題だが、結果的には、環境やそれと人とのつながりの大切さを踏み躙り既得権益に取り憑かれている日本の政治家や官僚たちと戦わねばならないようだ。もちろん、本書に登場するグリーンピースのメンバーのように、環境保護主義者全員が知的な考えに基づいて行動しているとは信じ難いが、「捕鯨は日本の文化だ!」と何も知らずに叫ぶことも、「鯨は賢いから殺しちゃダメ!」と同じくらい愚かであると認識すべきだ。2014/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3166567

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。