純減団体―人口・生産・消費の同時空洞化とその未来

個数:

純減団体―人口・生産・消費の同時空洞化とその未来

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 338p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794808547
  • NDC分類 318
  • Cコード C0033

出版社内容情報

地方の「衰退」はなぜ起きたのか?人口減少のプロセスを構造的に解明し、地方自治と地域再生の具体策を提示する
地方問題の核心が、「過疎」から「衰退」に移行し、将来の「荒廃」が憂慮されるまでに事態は深刻化している。しかし、現在の衰退はいかにして起こったのか? その原因については実は誰からも説明はなされていないのだが、原因を知らずして自ら解決策など立てられるはずもない。本書では、この構造を解明すべく、地方衰退の「原因」と現在および近未来に生じる「結果」に重点を置いてまず検討を行った。特に、人口減少のプロセスを解明し、今後予想される厳しい状況を指摘している。人口減少の最大の原因は「団塊の世代」の死亡が本格化することだ。現在も、多くの市町村では転出数と転入数の差はマイナスである。そこで「団塊の世代」が死亡し始めると死亡数が出生数を大きく上回り、年平均で数パーセントの人口が毎年失われるという事態が発生する。なぜなら、同じ町に住む「団塊の世代」と、「団塊の世代ジュニア」がそれぞれ人口に占める割合に乖離が見られる町が多く、マティーニグラスのような人口ピラミッドが出現するからだ。実は、すでに死亡数と出生数の差、そして転入出の差がともにマイナスである町、すなわち「純減団体」は多数に上っている。しかし、死亡数と出生数の差が転入出の差を上回っている町はまだ限られており、それが多くを占めるまでにはまだ少しの時間が残されている。その間に何が起こるのか、そして何をなすべきか。本書では、来るべき事態に能動的に対処すべく地方自治の拡充の必要を強調し、自治実現のための具体策を提案している。具体的な再生策と、それを実現する地方自治は不可分である。再生策としては特に「農業」をとりあげ、地方の自給策としての農業の実現について詳述している。確かに、予測される未来は厳しく、残された時間は少ない。しかし、自ら助くる者には、その未来を変える道が開かれると確信している。(著者 近藤 修司)

内容説明

地方の「衰退」はなぜ起きたのか?「人口減少」のプロセスを構造的に解明し、地域再生の具体策を提示。

目次

第1章 地方衰退の実態
第2章 地方衰退の原因とその構造
第3章 人口減少の原因構造と純減団体となるプロセス
第4章 二〇〇〇年から現在までの人口変動の全容にかかわる理解
第5章 二〇一〇年から二〇年弱の期間に地方で生じる変化の推論
第6章 不可避なる未来への対策

著者等紹介

近藤修司[コンドウシュウジ]
1963年、愛媛県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

uterium

1
地方の衰退の原因についての大変な労作.あくまでデータに基づいているというのがすさまじい.2013/01/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2117879

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。