偶有(アクシデント)からの哲学―技術と記憶と意識の話

個数:
  • ポイントキャンペーン

偶有(アクシデント)からの哲学―技術と記憶と意識の話

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年11月17日 05時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 194p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794808172
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0036

内容説明

いまや文化産業、情報産業は、人間の「意識の時間」を開発=搾取の対象とする。また、種の記憶たる遺伝子に対する操作も考え合わせれば、現代ではあらゆる意味での記憶が、各種産業にとっては原材料となり得るのだ。この状況において、哲学は、科学は、産業は、そして私たち個々の生活者は何を考えるべきか…。精緻な理論的考察と大胆な文明批評、そしてそれらを支える強靱な「知への欲望」と幅広い関心―、今世界で最も注目される哲学者の一人スティグレールがフランス公共ラジオ教養番組の中で哲学=技術の問題を縦横に語る。

目次

第1章 哲学者と技術(技術との出会い、哲学との出会い;哲学的対象としての技術 ほか)
第2章 記憶としての技術(プラトン著『メノン』―ヒュポムネーシスをめぐる思索の出発点;エピメテウス―補綴性の神話 ほか)
第3章 インダストリアルな時間的対象の時代における意識(技術と記憶技術;アルファベット―オルトテティックな記憶技術 ほか)
第4章 意識、無意識、無知(マーケティングによるリビドー枯渇;シンクロニゼーションの二つの側面 ほか)

著者等紹介

スティグレール,ベルナール[スティグレール,ベルナール][Stiegler,Bernard]
1952‐。デリダの指導下で哲学博士号取得後、大学講師を経てINA(国立視聴覚研究所)副所長、IRCAM(音響・音楽研究所)所長などの要職を歴任。また、フランス国立図書館のアーカイヴ構築に携わるなど、フランスのマルチメディア政策を主導。文化産業のあるべき姿を模索・提案する国際的運動組織Ars Industrialisの発起人であり、現在はIRI(リサーチ&イノベーション研究所)の総責任者を務める

浅井幸夫[アサイユキオ]
1965‐。上智大学非常勤講師。2002年、パリ第4大学DEA課程修了。専門はマルセル・プルースト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

★人間の全ての営みに外在する「偶有(偶然)性のプロセス」から現代人の生のあり方を考える。

 スティグレールはその独自の思想をいかに構築したのか。彼の最初の研究テーマは、プラトンのアナムネーシス(想起)だった。プラトンにおいて、人間は前世で観照したイデア=本質の記憶を自らの内に宿しており、それを想起することが何かを「知る」ことに他ならない。これに対して、スティグレールはプラトンの『メノン』の精読を通じて、プラトンが退けるヒュポムネーシス(文字や図等、外在する人工的な記憶)こそが、アナムネーシスの前提であることを導き出す。この指摘に含まれる外在性=偶有性の問題の射程は広い。人類は個体の記憶(経験)と種の記憶(遺伝)に加えて第三の記憶、つまりモノの形をとった個体の経験の蓄積である文化を持つ。後成的でありかつ、子孫に伝えられるという意味で種レベルのプロセスでもある「後成的系統発生」が、「ヒト」を「人類」たらしめ、その独自の歩みを支えてきた。何か(有形無形を問わず)を作る術=技術は人類史上欠かせない要素なのだが、哲学は一貫してその重要性を等閑視し否認してきたのである。
 ところが産業革命を経て産業がヘゲモニーを握って以降、記憶をめぐって新たな状況が生じる。蓄音機と映画は過去の正確な再現を可能にするが、一方で、同じ音楽や映像(時間の流れと共にのみ存在する時間的対象)が大規模に流布することにより、人々の意識が同じ時間を生きる「シンクロニゼーション」の傾向が生まれる。いまや文化産業は、人間の「意識の時間」を開発=搾取の対象とする。また、種の記憶たる遺伝子に対する操作も考え合わせれば、現代ではあらゆる意味での記憶が、各種産業にとっての原材料となりうるのだ。この状況において、哲学は、科学は、産業は、そして市民は何を考えるべきか…。今最も注目される哲学者の一人スティグレールが縦横に語る。