ユイスマンスとオカルティズム

個数:

ユイスマンスとオカルティズム

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年09月18日 06時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 614p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794808110
  • NDC分類 950.28
  • Cコード C0098

内容説明

デカダンス・悪魔主義の巨匠ユイスマンスをして一九世紀を覆うオカルティズムの闇から脱出せしめた欲望のダイナミズムとは。異端マリア崇拝を奉じるリヨンの脱落神父ブーランを継ぎ手として、エピステーメーの断裂を突き抜け、フロイト、バタイユ、ラカン、クリステヴァにつながる否定性の歴史を解明した渾身の大作。新自由主義のカタストロフィーを超えて、今こそ、新たな覚悟と信念を持って耽美主義を語る時は訪れた。

目次

発端
第1部(オカルトの世紀と聖母マリア;ユイスマンスという作家;二つのテーマ系―「閉鎖された空間」と「女性と食物」;『彼方』―昇華の不全)
第2部(ブーラン元神父―マリア派異端の系譜;歴史の中の「流体」―「動物磁気」と「欲動」をつなぐもの;聖霊と異端のマリア)
第3部(オカルトから神秘へ;抑圧されたものの回帰―おぞましき美へ)
『三人のプリミティフ派画家』、そしてアンドレ・ブルトン

著者等紹介

大野英士[オオノヒデシ]
1956年東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。代々木ゼミナール職員・同校大学受験科講師を経て復学。早稲田大学大学院文学研究科仏文学専攻博士後期課程満期退学。1993年から2000年までパリ第7大学大学院でジュリア・クリステヴァに師事。2000年『おぞましき美―J=K.ユイスマンス作品における否定性の機能』により、文学博士号(ドクトール・エス・レトル)取得。フランス文学者。現在、早稲田大学、昭和女子大学、駒澤大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。