カモシカ脚の子どもたち―「あおぞらえん」からのメッセージ

個数:

カモシカ脚の子どもたち―「あおぞらえん」からのメッセージ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 13時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794808103
  • NDC分類 369.42
  • Cコード C0037

出版社内容情報

22年間の保育実践に「生きる力」の育て方を見た!汐見稔幸氏すいせん。

3年前、東京都世田谷区にある「都立祖師谷公園」をベースにして22年間にわたって活動している保育集団「あおぞらえん」に私は出会いました。2人の幼稚園教諭が始めたこの保育集団では、子どもたちが自然の中に解き放たれて、泥団子を作ったり、追いかけっこをしたり、木登りをしたり、ザリガニを捕ったりして遊んでいます。朝から思い思いの遊びをして「遊び切る」日々を過ごしているのです。かつて、子どもたちは地域社会の懐の中でたっぷりと遊び込むことができ、そこで実に多くの知識や教養を身につけてきました。前著『もうひとつの学校―ここに子どもの声がする』(新評論、2006年)で当時の様子などを著したわけですが、そんな姿が街の中に次第に見られなくなりました。しかし、「あおぞらえん」の子どもたちは今も30年前の子どもたちと同じような遊びをして毎日を過ごしているのです。遊ぶ環境と時間が保証されれば、子どもたちはかつてと同じように逞しく育っていくのです。「あおぞらえん」には園舎がなく、近くにあるいくつかの公園、広場、畑などをその遊び場としていますが、ときには1時間ほど電車に乗って水遊びに出かけたり、毎年9月には3歳児も含めて6泊7日の合宿をしたり、3月には往復約20キロの遠足までしているのです。3歳児が7日間も親元を離れるなど今時信じられないようなことですが、「あおぞらえん」の子どもたちには、不思議とそれらを成し遂げる力が備わっているのです。本書は、2006年から3年間にわたって「あおぞらえん」の活動を文と写真によって構成したものです。ここには、その「不思議さ」を紐解くさまざまなドラマがあります。(宮原 洋一)

内容説明

仲間と「外遊び」を基本とした保育がどのような子どもの発達を生み出しているのか、「あおぞらえん」の保育を記録した写真と共に紹介。

目次

あおぞらの木
その木の下で
カモシカ脚の子どもたち
石垣登り
崖登り
竹登り
タケノコの皮は何枚か
走り鯉のぼり
スカンポのおやつ
ジャガイモ掘り(農家の畑)〔ほか〕

著者等紹介

宮原洋一[ミヤハラヨウイチ]
1941年生まれ。私立桐朋学園初等部に37年間勤務して初等教育に携わり、現在フリーの写真家。その間、街のなかの子どもたちを撮り続け、『教育の森』誌(毎日新聞社)に巻頭グラビアを連載するなど新聞、雑誌などに発表。また、フジフォトサロン、東京都児童会館などで個展を開く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaori

0
世田谷の祖師谷公園で活動している或る団体に密着して書かれた本。 園舎を持たず、子どもたちを毎日森のような公園で自由に遊ばせる「森のようちえん」のひとつで、自然の草木から子どもは多くを学び自ら遊びを発見するというデンマーク発祥の教育法を20年以上前から実践している。 登場する子ども達と先生のパワーに圧倒された。子どもの生きる力、自分で考え行動する力を私も育てたい。 息子も来年からプレ幼稚園に通う年齢になり、候補を検討するにあたって幼児教育の本質を考える良いきっかけになった。2012/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1966399

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。